03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    紅焔酒家 光華 

    まだまだ沢山残されている未食の夏メニューを求め、この日は郡山市方面に向かいました。
    候補が二つあって迷いに迷った挙句、チョイスした方のお店がまさかの臨休・・・( ̄◇ ̄;)ガビーン! すぐさま今来た道を引き返し、もう一つの候補だった『紅焔酒家 光華』さんで仕切り直しです。

    kouka2451.jpg

    深紅の暖簾を確認してホッと一安心。 いそいそと店内にお邪魔いたしました(`・ω・´)v  もうお目当ては決まっていますから、迷うことなく三本木店主にオーダーを伝えました。


    冷し坦々麺
    880円

    kouka2452.jpg

    麺の上にはレタスやキュウリなどのシャクシャキ野菜が、更にその上部には味付けされた豚挽き肉、最上層に白髪ネギがうず高く盛られる4層構造。 仰け反るようなボリューム感がある訳ではありませんが、それでも載せモノの豊富さにテンションも上がります♪

    kouka2453.jpg

    自家製の胡麻ダレはかなり濃厚で、ほど良い酸味も仕込まれています。 辣油&四川山椒も適量振り掛けられますが、豚挽き肉に上掛けされる特製一味唐辛子ペーストの辛味がジワジワっと時間差で後追いしてきます。

    辛味そのものはしっかりと効かされていますが、更なる増強の余地も残されています。 サディスティックな辛さを求められる方は、どうぞ卓上に置かれる禁断の白い壺を開けてお楽しみください・・・Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

    kouka2454.jpg

    胡麻ダレはベーススープで伸ばさない濃縮タイプなのでとにかくクリーミーです。 細く切り揃えられたフレッシュ野菜もサラダ感覚で清涼感たっぷりに頂くことができます♪

    kouka2455.jpg

    氷水で締められた『富多屋生麺』さんの中細麺が実に素晴らしい歯応え。 コキコキっとした硬質的な食感を伝えつつ、麺自体の高いポテンシャルを主張してきます。 強烈な個性こそ備えていないものの、秀逸な麺が本品の完成度の高さに貢献していることは間違いありません。

    HOTな辛味を感じさせながらも、麻辣パワーで押しまくるようなことはなく、食べ易さも考慮してバランス良く仕上げられていました。 ホテル系キッチンご出身のご店主らしいセンスが光る冷製坦々麺でした(〃∇〃)  


    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2014/08/10 Sun. 16:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/338-4506aa87
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)