04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    麺処 若武者 

    この夏2品目となる限定が緊急リリースされたと告知を受け、またまた『麺処 若武者』さんに向かいました。

    wakamusya2512.jpg

    前回の限定麺はグレープフルーツを使用したつけそばでしたが、今回のアイテムはなんと桃を使っているそうです∑ヾ( ̄0 ̄; )ノマヂ? 

    山本店主は以前から福島が全国に誇る桃をラーメンに使ってみたかったようで、何度も何度も試行錯誤を繰り返され、ようやく完成にこぎ着けたというチャレンジングな一杯です。

    仕込みの関係で告知から僅か1日半で完売してしまったのですが、半信半疑で召し上がられたお客様からもすこぶる高い評価を頂いたようです。 残念なことに現在は提供されておりませんが、お蔵入りさせてしまうには余りにも勿体無い美味しさでしたので、遅れ馳せながら記事として味の記憶を残しておこうと思います。 よろしければ最後までお付き合いください。


    福島産桃をたっぷり使った桃つけ麺 (現在は提供終了しています)
    900円

    wakamusya2513.jpg

    なんともアヴァンギャルドなビジュアルでどどーんと登場です。 薄くスライスした黄桃とチャーシューの彩りも美しく、まるで果物を使ったスイーツのようにも見えますね♪ 

    wakamusya2516.jpg

    つけ汁は自家製の桃塩を魚介ダレに加えた、動物系ベースの濃厚仕立て。 煮干し風味が鮮烈に効いていますが、加熱した白桃果肉も沈んでいるのでしっかりと甘みも主張します。 じわっと後追いしてくるHOTな辛味は一味唐辛子ペーストとブラックペッパーによるもので、味わいに奥行きを与えていました。  

    wakamusya2515.jpg

    サイコロ状に切り揃えられた黄桃はつけ汁投下用です。 桃の風味も増しますが味変えツールというよりは、白桃と違うしっかりした歯応えが食感のアクセントになっていたように思います。 

    wakamusya2514.jpg

    載せモノは先述の通り、黄桃スライスとチャーシュー、そして少量のカイワレのみ。 

    チャーシューは低温調理されたモモチャーシューでしっとり柔らかタイプ。 山本店主からの事前レクチャーに従って桃とチャーシューを一緒に頬張ってみましたが、これが信じられないくらいに良く合います!(〃艸〃) 生ハムメロンのような感覚ですが、それを軽々と上回る美味しさです。

    桃の甘みとバランスを図るため、チャーシューはやや塩気を強めにしているそうで、甘さとしょっぱさの味わいのコントラストが実に見事にキマっていました。 つけ汁の辛味から逃れたい時のリフレッシュにも、うってつけの箸休めになってくれます♪

    wakamusya2517.jpg

    麺は多加水の平打ち太麺です。 桃の果汁をのばした冷製スープに浸されていまして、そのまま啜ることで淡い桃の風味と麺の小麦風味が一体となった新感覚の味わいを堪能できました。

    wakamusya2518.jpg

    麺は多加水ならではのもっちりした歯応えで、ドロっと濃厚なつけ汁にもバランス負けしていません。 前述の通り桃スープに浸されているお陰もあって、麺の表面がことのほかに滑らかで瑞々しくも感じられました。 

    最後は熱々の煮干しスープでスープ割りしてもらい、大満足でフィニッシュいたしました。


    味のイメージは掴みにくいかもしれませんが、フルーティーな桃の風味を活かしつつ、奇をてらうことのない完成された味わいを作り上げられていたのは、さすがと言う他ありません。

    提供を終えた現在でも山本店主の元に届けられる反響の声は大きく、いつかまた復活させてくれるものと期待しております。 

    ちなみに、この限定ラッシュはもう暫く続くようです・・・w( ̄▽ ̄;)w


    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2014/08/31 Sun. 21:15  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    限定

    流石、大将はやり手ですネ。
    先日はオーソドックスに、限定に拘らず、オリジナルをリクエストした
    「青森シャモロック」を頂いてきました。
    最高です^o^

    sachs #- | URL
    2014/09/03 21:32 * edit *

    sachs さん

    レギュラーメニューの美味しさも盤石ですが、固定観念に囚われない創造力とバイタリティは賞賛に値すべきものです。

    いまや限定麺の存在は若武者さんの大いなる魅力でしょう♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/09/04 22:56 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/344-2dbcc3ed
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)