02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

    新函館ラーメン きらら 

    言わずと知れた塩ラーメンの名店、『新函館ラーメン きらら』さんを久しぶりに訪ねました。 付近はラー屋さんに限らず多くの飲食店がひしめきますが、屈指の集客力でいつも賑わっていますね。

    kirara0117.jpg

    店前の駐車スペースが満車だったり、お店の外にまで溢れかえるお客さんを目前にすると、ついついスルーしてしまいがちですが、所用先のすぐ目と鼻の先だったので、この日は躊躇せずに暖簾を潜る決意で臨みました(`・ω・´)

    店内壁際の待ち席で空きを待っているうちにオーダーして、席に着いたとほぼ同時にお品が到着ってスピーディーなオペレーションも今更ながらお見事ですヽ( ̄▽ ̄)ノ


    しおラーメン・味玉のせ 大盛り
    800円+10円

    kirara0118.jpg

    お目当ては久しぶりに看板メニューの塩ラーです。
     
    スープは鰹節や鯖節などの魚介スープと、鶏ガラ、豚ガラを炊くという動物系のダブルスープ仕立て。 塩ダレにはモンゴル岩塩や天然塩を用いられているとのことで、円やかな塩味がそれら素材の旨味を上手に引き立て、滋味と呼ぶに相応しい上品で繊細な味わいを構築しています。

    焦がしネギによるアクセントもツボを押さえた効かせ方ですね♪

    kirara0139.jpg

    お麩と三陸産の茎ワカメは、もはやアイデンティティと言うべき必須アイテム。 茎ワカメはほのかに磯の風味を伝え、コリコリの歯応えもとても心地良いものです。 過ぎるような磯臭さを感じさせないところが普通のワカメと違うところでしょうか。

    お麩はスープの旨味をたっぷり吸わせてから頂くのが良いでしょう♪(〃▽〃)

    kirara0120.jpg

    豚肩ロースチャーシューはお肉本来の旨味を味わってもらうため、事前に切り置きしないでその都度切り分けているそうです。 味の染み入りも上品で、ホロッと柔らかな食感に仕上げられています。 

    小気味良い食感のメンマ、半熟加減も見事な味付玉子など、載せモノのクオリティーはどれも一級品です。

    kirara0138.jpg

    特注スペックの低加水ストレート中細麺は、うどん用と思われる大きなテボで茹で上げられますが、そのテボで大まかに湯切りされたのち、平ザルに移し替えられ最後の一滴まで茹で汁を切るという念の入りようです。 

    ふわっと香り立つ小麦の風味も素晴らしく、角断面のエッヂまで感じ取れるようなシャキッと硬質感のある歯応えが印象的でした。 食べ終えるまでダレる素振りすら見せずに、この食感が保たれていたのも特筆すべきところです。 

    端麗さの中にも確かな個性が存在する、塩ラーメンの傑作と呼べる一杯でしょう(〃▽〃)

    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2014/11/04 Tue. 17:00  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    塩!きらら

    仰る通りの逸品ですネ!
    麺の小麦感、リッチなスープ。
    どれをとっても最高です。
    茎ワカメの食感と麩を頂くタイミング・・・
    ちょっと御無沙汰過ぎ、スイッチが入りました^-^

    sachs #- | URL
    2014/11/04 20:32 * edit *

    いつもカウンター越しに仕事ぶりを
    見てますが本当に一つ一つ丁寧な仕上げ。
    気持ち良いです!最近やっとコチラの
    醬油を再発見したばかりです。

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2014/11/05 18:26 * edit *

    sachs さん

    スープ、麺、具材、どれも隙のない素晴らしいクオリティですよね( 〃▽〃)
    スイッチ点灯してる間にsachsさんも是非♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/11/05 23:33 * edit *

    maxmaxさん

    丁寧な仕事ぶりは見てるだけでも楽しいもんですよね( 〃▽〃)
    食材や製法への深いこだわりが、美味しさにちゃんと反映されてますよね♪

    醤油はひさしく頂いてませんが、ブラッシュアップされてるんですね(〃ω〃)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/11/05 23:42 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/360-43f0e28d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)