06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    すゞや食堂 

    5年ほど前から狙いを付けていた柳津町の『すゞや食堂』さんです。
    暖簾落ちや臨時休業に阻まれ、何度も憂き目を見てきましたが、ひょんなことから数年来の望みが叶いました♪(*ノωノ)

    suzuya0180.jpg

    福満虚空藏尊圓藏寺下の柳津温泉街に店を構えられる、創業50年以上の老舗食堂です。 初老のご夫婦が切り盛りする地域密着型の食堂なのですが、以前「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたことがあり、それを機に県外からも大勢のお客さんが訪問されるようになったそうです。

    ご存知の方もいらっしゃると思いますが、柳津にはちょっと変わり種のソースかつ丼がありまして、これがなかなか面白い仕立てなんです(〃▽〃) 一昨年、「道の駅 会津柳津」併設のレストランで同品を実食済みですが、今回は柳津屈指の老舗で名物を楽しませてもらいましょう♪

    ってことで、今回もまたまた番外編で~す( ̄▽ ̄ⅰ)ゞ


    ソースかつ丼
    800円

    suzuya0181.jpg

    パッと見煮込みカツに見えるかも知れませんが、れっきとしたソースかつ丼です。 薄焼き卵と豚カツをドッキングさせるのが、ここ柳津の伝統スタイルですΣ(・ω・ノ)ノ!

    suzuya0182.jpg

    豚カツはロース肉で厚さはおよそ1センチほど。 ソースは上掛け方式なので衣のサクサクっとした食感はしっかり残されています。 この画像には写っていませんが、薄焼き卵の下には千切りキャベツが敷かれていまして、更にその下層に会津産のご飯が盛られるサンドウィッチ構造が特徴的です。 

    なかなか手が込んでますよね(`・ω・´)

    suzuya0183.jpg

    共添えのスープはラーメンスープそのもので、醤油ダレの効いた古典的な食堂テイストを楽しめました。 これはラーメンにも期待が持てます♪ 3種の香物も実に良いお味でした。

    suzuya0184.jpg

    豚カツは肉質も柔らかく、筋っぽさも感じません。 ジューシーな脂身の甘みも美味しゅうございます♪ ソースは豚カツソースをベースに種々の食材をブレンドした門外不出のオリジナル。 ほど良い酸味と甘味が効いた濃厚な味ながら、加熱して味を調えることで飽きの来ない絶妙の味加減に仕上げています。  

    薄焼き卵はソースのしょっぱさを、千切りキャベツは豚カツの油っぽさを中和してくれて、予想以上にさっぱりと頂けちゃうんです( *´艸`)  

    余所ではちょっとお目にかかれないソースかつ丼ですが、先述した通り柳津ではどちらのお店でもこのスタイルが一般的とのこと。 ソースかつ丼と言えば会津若松市が有名ですが、ご店主いわく「柳津の料理人が若松に行って広めた」という説もあるとかで、なかなか奥深いローカルグルメなのであります。

    次回は懸案のラーメンをお目当てに再訪してみようと思いますヽ( ̄▽ ̄)ノ
    関連記事

    category: 会津地方

    Posted on 2014/11/12 Wed. 14:05  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    get柳津カツ丼

    念願が叶いおめでとうございます。
    その執念、応援します^o^
    それにしても、県内のカツ丼を研究されているのには
    脱帽です。
    柳津町もリサーチ感が十分在りますよね。

    sachs #- | URL
    2014/11/14 21:27 * edit *

    sachsさん

    研究している訳ではないのですが、せっかく出掛けたのなら、その土地ならではの名物を頂いてみたいですよねヽ( ̄▽ ̄)ノ

    福満虚空藏尊の参拝ついでに立ち寄られてみては如何でしょう。
    お土産の粟饅頭もどうかお忘れなく♪(〃▽〃)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/11/16 13:22 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/363-a709c5c8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)