07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    たなつものSHOKUDOU 

    福島と東京の二つのラーメンショーに出品され、『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』の名前を世に知らしめた渾身作「福島鶏白湯」ですが、その “ たなつものSHOKUDOU ver. ” がリニューアルして復活を遂げられたとのことで、『たなつものSHOKUDOU』さんに伺いました(`・ω・´)

    tantsumono0242.jpg

    一足お先に実食を済ませている友人からは称賛の声が届いており、頂く前から期待度はMAX状態。 提供数に限りがあるということなので、前日夜から行動を共にしていたブログ仲間さんと結託してシャッター訪問をかましました|^・ω・)/ チワッス♪     


    福島鶏白湯
    950円
    tantsumono0244.jpg

    『たなつもの』さんらしいスタイルが集約された洗練のヴィジュアルですね。 丼から漂う濃密な鶏の香りからして、その美味しさを予見させるに充分なものです(〃▽〃)

    tantsumono0243.jpg

    まずは美しい黄金色のスープをご覧ください。 
    白湯の濃度にもこだわった新ヴァージョンは、ググッと凝縮された地鶏の旨味を表現しながら、その味わいは極めて上品なものです。 突出するような味のアクセントはなく、塩気も円やかで且つ穏やか。 福島が誇る素晴らしい食材を使い、その魅力を最大限に引き出したナチュラルな美味しさが光ります(*'▽')

    鶏もも肉と長ネギは鶏白湯スープで煮込まれたものと思いますが、鶏出汁との親和性に優れるアイテムがスープの完成度をより一層高めているようでした♪

    tantsumono0245.jpg

    別皿に添えられるのは、胡麻油と香辛料で和えられたモヤシに、穂先メンマ、クレソン、そして海苔で巻かれたオーガニック玄米ご飯です。 この玄米ご飯はおにぎりに見立てているのでしょうか。 麺を食べ終えた後に〆としてスープに入れて頂くのですが、これがまた鶏白湯に良く合うんです!(*´Д`)ウマスギ  

    tantsumono0246.jpg

    『佐藤養悦本舗』さんで作られる熟成乾麺は、たなつものブランドの全粒粉をブレンドする特注スペック。 もともと滑らかな喉越しがウリですが、クリーミーな鶏白湯スープをたっぷりと纏い、その魅力は更に輝きを増します。  しなやかさと乾麺独特の歯ごたえ、そして上質で豊かな小麦の風味が食べ手の心をグイッと掴んで離しません( *´艸`)

    実は、前日の夜は友人達と遅い時間まで飲んでいたのですが、アルコールでダメージを負った胃袋を労わってくれるような、そんな優しさにも満ち溢れる美味しさなのでした♪


    提供数は1日10杯限定とのこと。
    確実にゲットされたい方は、どうぞ “ シャッター ” でご訪問なさってみてくださいΨ( ̄∀ ̄)Ψ


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2014/11/27 Thu. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    ウチの嫁さんがコチラの「福島鶏白湯」食べたがってるんですよねぇ~☆ ( ̄∇ ̄*)ゞ
    「お姿」も『たなつもの』さんらしくて、かなり良さげのようですな♪

    のんびりっち #- | URL
    2014/11/30 09:36 * edit *

    のんびりっちさん

    ご訪問、コメント頂きありがとうございますヽ( ̄▽ ̄)ノ

    福島三大地鶏という同じ食材を用いていても、お店ごとにそれぞれの個性が表れているところが面白いですね。
    杯数限定のハードルはありますが、奥様もきっとお気に召して頂けるものと思います♪(〃▽〃)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/12/01 08:22 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/369-f7f7fd03
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)