05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    麺処 若武者 

    1月だけで実に4回も訪問しちゃった『麺処 若武者』さんです( ̄▽ ̄ⅰ)ゝアハハ・・

    以前は勤務時間の関係で休日にしかお邪魔できませんでしたが、年明けからシフトが変わったお陰で仕事帰りに訪問することも可能となりまして、そこに加えて魅惑の限定品が相次いでリリースされたりして、そんな誘惑に負けてついつい吸い寄せられてしまったんですよね・・・| ̄ω ̄A;アセアセ 

    wakamusya0438.jpg

    ランチ営業の盛況ぶりは何度もお伝えしている通りですが、このところは夜営業も大賑わいとなっています。 私のような仕事終わりのサラリーマン客も多いのですが、時折り部活終わりの地元高校生が大挙してご来店されたりして、無くてはならないお店として多くの方々に愛されていますヽ( ̄▽ ̄)ノ

    さて今回は、先日もお伝えした限定つけ麺の再食レポになるのですが、あの味の虜になってしまった私は通算3杯を頂きました♪ リリースから7日目の夜に200食余りを完売され提供終了となってしまいましたが、今更ながらであはりますが再び記事にして残しておこうと思います。



    限定つけ麺+特製辛子 (※販売終了しています)
    850円+50円

    wakamusya0439.jpg

    現在こちらで “ 武者修行 ” されています工藤さんプロデュースの限定つけ麺です。 『浅草開化楼』さんの特注スペックの太麵に、工藤さん渾身のつけ汁を組み合わせるという贅沢な逸品。 もちろん特製の辛子玉も必須アイテム♪

    wakamusya0440.jpg

    切り歯14番の多加水太麵はつるっとした滑らかな舌触りです。 8分間もかけてしっかり茹でられるお陰で弾力感に満ちた歯応えがありますが、それと同時にぷつっとした歯切れの良さも楽しむことができます。 

    かの有名店『六厘舎』さんと共に、つけ麺の新たなスタイルを築き上げた実力派製麺所の麺を頂けたのは、まさしくラッキーの一言です。

    wakamusya0441.jpg

    ゲンコツ、豚足、鶏ガラなどの動物系を白湯で炊くベーススープに、鯖や宗田鰹などの魚介をブレンドする濃厚つけ汁。 ググっと押しの強い旨味の充実感と華やかさが表現されていて、醤油ダレもしっかり効いたメリハリのある味わいに仕立てられています。 

    魚介の風味は豊潤ですがエグ味などはなく、ドロポタ系のようなクドさもありません。 つけ麺マイスターの呼び声高い工藤さんの妙味でしょう。

    wakamusya0442.jpg

    この一杯の為に誂えた特注スペックがつけ汁と見事な融合を見せてくれます。 麺の風味と魚介豚骨の旨味が重なり合っった時の美味しさは、三度目にしても思わず唸ってしまうほどです( *´艸`) 

    自家製の “ 工藤辛し ” を麺に塗せばこれにシャープな辛味が加わり、麺の持つほのかな甘みとつけ汁の味のディテールがくっきりと浮かび上がり、更に幸福度は跳ね上がります。 


    ご存知の通り、工藤さんは今年の夏ごろに『自家製麺 工藤』をオープンさせるご予定です。 詳細なプランなどは伺っていませんが、恐らくはこの味系統をベースにラインナップされるものと思わます。 

    今から開店の日が待ちきれませんね♪( *´艸`)


    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2015/02/03 Tue. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    気軽にフラッと寄れる距離が、羨ましいです(^ ^)
    限定ラッシュにいつもやきもきしてる日々です(笑)

    レフティ #FoqJH3vE | URL
    2015/02/12 04:11 * edit *

    レフティさん

    おっしゃる通り気軽に立ち寄れる場所にあってくれるのは、本当に有りがたいことです(〃ω〃)

    まだ秘策があるようなので、ヤキモキは止まらないかもしれませんよΨ( ̄∇ ̄)Ψ

    Iceman #X3BGfOJA | URL
    2015/02/12 23:14 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/389-963e622d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)