09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    麺処 若武者 

    『麺処 若武者』さん至高の一杯、「極上上湯麺」の限定仕様がリリースされたとのこで、またしても仕事帰りにお邪魔してきました( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ

    wakamusya0491.jpg

    同品は金華豚ハムなど高級食材を用いる “ 究極のかけラーメン ” として、某有名芸人さんも大絶賛したほどの逸品ですが、今回は『たなつものSHOKUDOU』さんの伝家の宝刀『佐藤養悦本舗』さん謹製の熟成稲庭乾麺を組み合わせる超強力コラボレート!!(`・ω・´)

    両店とも『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』のメンバー店であると同時に、プライベートでも親交の深い店主同士だからこそ成し得た超贅沢な限定品ですよ♪(>艸<○)



    極上上湯麺 ~たなつものversion 稲庭中華乾麺~ (※夜の部限定です)
    1000円

    wakamusya0492.jpg

    今年からは数量限定の制限を撤廃してくれたおかげで、ググッとハードルが下がりましたが、最高級金華豚ハム、エゴマ豚のモモ肉、伊達鶏の胸肉を贅沢に使用するスープのクオリティは逆に向上しています♪

    一切の雑味を出すことなく旨味のみをここまで高めるには、われわれ素人には想像も付かないほど相当な手間暇を必要とします。 お肉の余分な脂身を削ぎ落としたり、寸胴の火加減に細心の注意を払ったりなど、例を挙げれば枚挙にいとまがありませんw( ̄▽ ̄;)w

    厳選食材のポテンシャルを引き出しきる製法あってこその、極上上湯スープなのです(〃▽〃)

    wakamusya0493.jpg

    さて、今限定注目ポイントの稲庭熟成乾麺ですが、厨房内の茹で麺器が使えません。 乾麺なのでテボに収まり切らないのだそうです( ̄▽ ̄;) なので、対応策として中華鍋にお湯を沸かして茹でる手間が必要で、ランチ営業に提供出来ない理由の一つは麺茹での手間が要因になっているものと思われます。

    敢えてそんな手間を惜しまずに乾麺を組み合わせたのは、相応の美味しさがそこにあるからですよね♪

    wakamusya0495.jpg

    この麺の魅力は滑らかな喉越しや、小麦の香り立ちの豊かさ、ぷつんと歯切れる食感など、生麺にはない乾麺ならではの美味しさにあると思いますが、たなつものスペックの特注麺が、贅の極みを尽くした極上スープの魅力を余すことなく引き出してくれます(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

    特にスープの持ち上げの良さは特筆レベルで、既存の麺とは比較になりません。 いえ、今までの麺も充分に美味しく不足に感ずるところなどありませんでしたが、あくまでスープが主役の本品において、これほど適した麺は他に存在しないのではと思えてしまうくらい相性抜群なのです。

    wakamusya0494.jpg

    夕食時のピークも落ち着いてきたので、ちょっとわがまま聞いてもらって替え玉コール。 茹でたて熱々の麺を投下することでスープの旨味は再び活性化に転じ、提供時と変わらぬ美味しさが蘇ります。

    山本店主と工藤さんからお聞きしたところでは、乾麺は生麺と違ってグルテンがスープに溶け出しにくいようで、スープの風味を濁してしまわないメリットもあるみたいですね。 とにかく素晴らしいマッチングでした。

    初リリースから4シーズン目を迎えた「極上上湯麺」ですが、毎年進化し続けてきたその美味しさは既に完成された領域にあります。 言い変えれば、行き着くところまで行き着いてしまった究極の美味しさだと思っていましたが、熟成乾麺との出会いでもう一段階高いところに昇ってしまいました。 

    ぜひとも夜の部にお邪魔していただいて、バージョンアップした逸品を召し上がってみてください。 



    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2015/02/19 Thu. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/393-8bf87dc7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。