07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    たなつものSHOKUDOU 

    この日は長女の通う高校の卒業式でした。 式典を終えたら家族揃って食事でもと思っていましたが、娘は友人達と某ホテル内のレストランでちょっと贅沢なランチを楽しんでくると言うので、私はかみさんを連れてランチ営業も終盤の『たなつものSHOKUDOU』さんにお邪魔しました。

    tanatsumono0540.jpg

    お目当ては以前から気になっていた品をオーダーしまして、かなり空腹だったのでもう一品と思いお品書きを物色していたら、何やら良さげな品を見つけちゃいました♪( *´艸`)


    ベジタンメン (季節限定メニュー 週替わり麺)
    900円

    tanatsumono0543.jpg

    まず、ベジタンメンですが、タンメンの概念を大きく覆すアヴァンギャルドなヴィジュアルですw( ̄▽ ̄;)w トッピングされるお野菜は、ズッキーニ、パプリカ、サツマイモ、レンコン、カボチャ、ブロッコリー、焼きナス、大根などなど、とってもバラエティ豊か。 野菜の甘みや食感を存分に楽しむことが出来ます。 

    tanatsumono0542.jpg

    こだわり野菜に交じってチャーシューも添えられています。 真空低温調理されたお肉は豚モモ肉でしょうか。 お肉本来の旨味としっとり柔らかな美味しさに心躍ります♪(〃▽〃)

    少し濁りが見られるスープは丸鶏などの動物系がベースと思われます。 素材の味香を鮮明に伝えてくる訳ではないものの、ナチュラルな旨味の凝縮感と円やかな塩味のバランスに長けていて、品のあるタンメンスープって感じでした。

    tanatsumono0544.jpg

    たなつものスペックの稲庭乾麺は福島県産の全粒粉を使用され、秋田県の老舗うどんメーカー『佐藤養悦本舗』さんで製麺されます。 塗り箸では持ち上げることが困難なくらい滑らかな麺肌で、ぷつりと歯切れる食感は独特です。 スープを纏い上げる毛管力にも優れ、この麺ならではの美味しさが光ります。 

    一般的なタンメンとは一線を画す個性派なスタイルで大いに魅了してくれました。


    熟成エゴマ豚チャーシューご飯
    450円

    tanatsumono0541.jpg

    サイドメニューで注文したのは、熟成エゴマ豚チャーシューごはんです。 ご飯が見えないくらいにお肉が敷き詰められていますね(*´▽`*) チャーシューに掛けられたソースが美味♪ ベリー系の果物でもを使っているのか、フルーティーな甘みと酸味がお肉の旨味を見事に引き立てていました。

    サイドメニューとしてはちょっと高額な部類に入るかもしれませんが、ご飯は雑穀米を使用され、これだけのチャーシュー、半味玉、穂先メンマまで載った充実ぶりを考えれば、そのお値段も充分に納得できるものでしょう。  

    tanatsumono0545.jpg

    麺類よりもご飯好きのかみさんは、お店の人気メニュー「熟成肉ライス」  少しお裾分けしてもらいましたが、ドライエイジングで旨味の増したお肉は相変わらず絶品の美味さ。 思わずお酒を欲したくなりますね♪

    当の本人は不在でしたが、晴れの門出を二人ささやかにお祝いしたのでした( ̄▽ ̄ⅰ)


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/03/13 Fri. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/399-038f5ab3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)