07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    中華そば 風 KAZE 

    家族同伴でいわき市まで遊びに行ったついでに、念願だった『中華そば 風 KAZE』さんを初訪問しました。 ランチ営業の終了間際に何とか滑り込みましたが、店内満員御礼にて暫し店先で待たせてもらいました。

    kaze0574.jpg

    すでに周知の事実として知れ渡っていることと思いますが、こちらのご店主は石神秀幸氏が塾長を務められる『食の道場』のご出身です。 道場の講師には錚々たる有名店のご店主が名を連ねますが、同郷出身のラーメン職人で、『肉煮干し中華そば さいころ』など複数のブランド展開される地雷原グループの総帥・鯉谷剛至氏にも師事されたようです(・ω・)ノ

    L型カウンターとテーブル席で構成される店内は、ラーメン屋さんにいることを忘れてしまうようなお洒落な雰囲気。 ラーメン屋さんでこれほど垢抜けた誂えなんて、県内でも珍しい存在ではないでしょうか。 食券制なのでまずは券売機で食券を購入しましょう。 

    メニューは清湯系の中華そばと鶏白湯の二系統のラーメンに、つけ麺もラインナップ。 ラーメンはそれぞれに味のバリエーションが用意されています。 どれにしようかと迷った末、やっぱりこちらに惹かれました( *´艸`) 


    鶏白湯 塩
    730円

    kaze0575.jpg

    お初の一杯は鶏白湯の塩味を注文いたしました。 鶏の旨味が凝縮されたスープはかなり濃厚で、舌に纏わり付くようなクリーミーさです。 塩ダレの主張はあまり感じられまんせんが、エビ油を香味油として用いているようで、甲殻類特有の香ばしさが程よいアクセントになっています(〃▽〃)

    kaze0576.jpg

    チャーシューはホロっと繊維が崩れるような柔らかさ。 やや厚めのスライスなので肉食った満足感も高く、醤油テイストの染み入り方も言うことありません(〃▽〃)

    2種類使い分けられるネギは異なる味わいと食感で清涼感を与え、糸唐辛子も見た目の鮮やかさのみならず、ほんの少し辛みが加わることでちょっとした味の変化が楽しめたりします。

    kaze0577.jpg

    麺は県内ではわりと珍しい、三河屋製麺さんの麺をご使用とのこと。 ザクッとした小気味良い食感で、スープの持ち上げに優れる低加水系の中細麺です。 もともと盛りが良いのか、大盛りコールしなくても結構な麺量だったように思います。

    二女が頼んだ清湯スープの中華そばも味見させてもらいましたが、動物系と魚介が緻密にバランスされ、こちらもまた噂に違わぬ美味しさでした(´艸`*)  

    ご近所にはいわき市を代表するような人気店や、全国ネットで紹介されたこともある有名店も存在していますが、営業終了時間を過ぎてもなお客足の途絶えない人気ぶりも納得できます。 また機会を作ってリピートしたいと思います♪

    関連記事

    category: いわき市

    Posted on 2015/03/22 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/402-9483b5c4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)