09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    RAMEN & BAR bacchi-ya 

    この日は福島市内某所で開催されたライヴに参加させて頂きました。 ライヴ終了後に友人達と一献酌み交わし、適度に酔いが回ったところで〆に訪れた 『RAMEN & BAR bacchi-ya』 さんです。

    battiya0683.jpg

    折しも土曜の午後10時過ぎで繁華街が一番賑わう頃の訪問でした。 もし満席で入店出来なければその場でお開きにする覚悟で暖簾を潜りましたが、運良く空席に滑り込むことに成功♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ 

    レモンを使った限定品がとっても気になっているのですが、1日10食のハードルの高さゆえとっくに完売しているであろうと最初から敬遠・・・( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ 前回は醤油を頂いたので、今回は未食の塩を注文させて頂きました。


    塩らぁめん
    750円

    battiya0687.jpg

    丼の底まで見えるような美しく透き通った清湯スープにご注目♪ その澄んだ見た目とは裏腹に旨味はギュッと凝縮されていて、円やかな塩味が鶏出汁のほのかな甘みを感じさせます。 香味油などで特徴的なアクセントは与えず、ピュアな鶏の旨味をシンプルに味わわせてくれる端麗仕立てです。 

    battiya0688.jpg

    載せモノは鶏団子二つに、豚バラ肉のチャーシュー、本店のスタイルを継承する細タケノコにカイワレ。 各アイテムの出来栄えは上々で、塩スープのすっきりとした風味を損ねることもありません。 私的に〆ラーはこれくらいのボリュームで充分だと思います(・ω・)

    battiya0689.jpg

    低加水タイプのストレート中細麺はコリっとした硬質感を伴う歯応え。 口当たり柔らかなスープと繊細にマッチしていて、飲みの〆にはちょっと贅沢過ぎるような美味しさで魅了してくれました。

    飲兵衛のツボを見事に押さえたような味作りは、さすがとしか言いようがありません。 ラーメンのみならず週替わりのおつまみも何品か用意されるそうなので、ちょっと早めに暖簾を潜って酒肴を楽しむのもアリです♪ 早めの訪問なら限定にありつけるチャンスもグッと増えることでしょう(と、自分自身に言い聞かせてみるww)


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/04/24 Fri. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    私も先日ようやく夜中に食してきました。

    いつも賑わっているもので・・・

    締めは「ココ」というラーメン店ができたのは大歓迎です(^O^)

    F2.8 #- | URL
    2015/04/26 07:45 * edit *

    F2.8 さん

    遅い時間でも大賑わいですよね。
    選択肢は他にも色々とありますが、私的にはこちらのスッキリとした美味しさが何とも堪らないです(〃▽〃)

    いつか店内で遭遇するかもしれませんねww

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2015/04/26 13:35 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/413-a703e897
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。