03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    朋友 

    福島市森合の『朋友』さんに初めてお邪魔しました。 
    この日はすでに昼食を摂り終えていたのですが、時間潰しに訪れた県立図書館の駐車場から見つけた幟にスイッチを押され、吸い込まれるように入店したのでした( ̄▽ ̄i)ゝ

    houyu1006.jpg

    ご存知の方も少なくないと思いますが、こちらのお店は毎月1日~15日までの半月間しか営業されないお店ですw( ̄▽ ̄;)w しかも営業時間が午前11時半から午後2時までと短く、なかなかにハードルの高いラーメン屋さんなんですよね(; ・`д・´) 

    店内は落ち着いたアンティークな雰囲気で、寸胴や茹で麺器が備わる厨房さえ見なければ、昭和ノスタルジーな喫茶店のようでもあります。  いかにも職人気質って感じのご店主と店内の雰囲気からは老舗の風格を感じてしまいますが、お聞きしたところではまだ創業11年目とのことΣ(・ω・ノ)ノ! 

    新参者は凛と静まり返った店内の空気に若干の緊張感を覚えるかもしれませんが、慣れてしまえばこの静けさが心地よく感じられるのだと思います(*‘ω‘ *)


    ちゃーしゅーメン
    750円

    houyu1007.jpg

    スープは豚ガラや香味野菜などを炊いていると思いますが、しっかりと引き出された野菜の甘みが熟成の感じられるコク深い醤油テイストとマッチしています。 魚系の素材は感じられず、油浮きもほとんど見られないさっぱり仕立て。

    “ 支那そば ” って表現がしっくり当てはまるようなクラシカルさですが、昔は当たり前のように使われていた旨味調味料などは使用されていないのか、口当たりの柔らかさと軽やかな味わいが印象に残りました。

    houyu1008.jpg

    載せモノはチャーシュー、メンマ、海苔、刻みネギと、至ってシンプルながら、ロール状に成形されたバラ肉チャーシューが絶品! 繊維に沿ってホロっと解れてしまうような柔らかさで、ご店主の確かな技が冴え渡ります。 昔懐かしい郷愁系ラーメンにあって、このチャーシューだけが異様に贅沢で飛び抜けちゃってますが、この美味しさは望外のクオリティに思えました。

    houyu1009.jpg

    多加水気味の中細麺は個性を主張するようなものではありませんが、適度な歯応えや麺自体の風味も良く、さっぱり系のスープに自然に馴染んでいます。 昭和世代の心の琴線に響くような、端正かつ繊細なラーメンだと思います。

    食後にご店主と少しだけお話しさせてもらいました。 お見受けしたところでは70才代くらいかと思いますが、今どきのラーメンになど関心を示さないのかと思いきや、いま飛ぶ鳥を落とす勢いの某店のことなど色々とご存知でして、やはりこの方も元を辿ればラーメンヲタクなんだろうな~と妙に嬉しい気分でお店を後にしました(〃▽〃)


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/06/23 Tue. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    えっ!チャーシュー麺売り切れじゃなかったなんて(;゚Д゚)!
    大変珍しい。
    ラッキーでしたね!
    1日意外だと大抵、売り切れの紙がぶら下がっているのですが。。。

    F2.8 #- | URL
    2015/06/23 20:44 * edit *

    F2.8 さん

    私もとっくに完売してるだろうと思って一旦はラーメンを注文したのですが、「ラーメンで良いですか?」とご店主から聞き返されたので、もしやと思ってお訪ねしてみたらオーダーが通ったんですよ!!(´艸`*)

    どちらかと言えば穴場的存在なお店かと思いますが、根強いファンに愛されているんですね♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2015/06/23 21:34 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/437-425786cc
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)