05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    麺処 あんかつ 

    遅ればせながら6月16日オープンの 『麺処 あんかつ』 さんにようやく伺うことが出来ました( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ オープン初日にシャッターされたお仲間さん情報によりますと、開店前から行列が出来る盛況ぶりだったそうで、大勢のラーメンファンから祝福を受けて記念すべきオープンを飾ることが出来たようですヽ( ̄▽ ̄)ノヨカッタネ~♪

    ankatsu1024.jpg

    真新しい純白の暖簾を潜った店内は、カウンター席、テーブル席、小上がり席が用意され、席数はおよそ20席強といったところです。 アンカツ店主が自ら手掛けた手作りの内装は、ウッディで小洒落た雰囲気。 落ち着いて食事が楽しめる環境もしっかり整えられていますね。 昼時を少し過ぎていましたが、新しいお店の味を確かめるべく足を運ばれた大勢のお客様で賑わっていました(・ω・)ノ

    品揃えの方は前回ご紹介させて頂いた通り、醤油と塩の二本立てとなっていまして、各種トッピングやご飯物もラインナップされたようです。 


    醤油+三種増し
    750円+300円

    ankatsu1025.jpg

    まずは店主オススメの醤油を頂くことにしました。 丸鶏をメインに据えたベーススープは鶏の旨味の凝縮感があって、昆布や香味野菜から引き出されるほんのり甘いニュアンスも伝わります。 ベーススープの素性の良さを更なる高みへと押し上げているのが、数種類の節をブレンドするという “ 追い節 ” です。 提供直前に魚出汁のエッセンスを与えることで、一段と華やかで味わい深い旨味を作り上げているんですね(`・ω・´) 

    レセプションの時に感じた新店らしからぬズバ抜けた完成度は、しっかりと維持されていました。 やっぱり文句なしに美味い!

    ankatsu1026.jpg

    チャーシューは豚バラチャーシューと低温調理されたモモチャーシューの合い盛り。 食感の柔らかさ、醤油テイストのほど良い染み入り加減など、どちらもさすがの仕上がりです♪ とろ~っとした黄身の半熟具合が好ましい味玉も上々の出来栄えです。

    ankatsu1027.jpg

    少し太めに裂かれたメンマはコリっとした小気味良い歯応え。 敢えてクロスさせて載せているところに盛り付けへの美意識の高さを感じさせます。 ひょっとすると、あの店へのオマージュですか?(*ノωノ)

    2種類使用される刻みネギは彩りとしても薬味としても、ラーメンの美味しさに一役買っています。

    ankatsu1028.jpg

    特注スペックの中細ストレートは啜り心地はしなやかで、食感はプツプツっと噛み切れる歯切れの良さ。 何といっても全粒粉ブレンドによる豊かな小麦の香りが素晴らしいです。 スープの絡みも言うことなしですし、スープの分厚い旨味に負けない存在感を放っていました。 

    もう一つの塩ラーの方ですが、オープンまでの短期間でブラッシュアップが図られているとのことで、こちらは次回のお楽しみにしているところです。 

    最後にお店の営業時間についてですが、予想以上の盛況で仕込みが追い付かない為、現在はお昼の部のみの営業となっているようです。 まだオープンしたばかりのブランニューのお店ですから、長い目で応援して頂ければと思います♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/07/02 Thu. 10:22  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    あんかつ

    塩ラーメンに想いを老けていたところ。
    夜営業はなしなんですね。

    実は
    さっきまでスタンバってました(ホッ

    sachs #- | URL
    2015/07/03 21:55 * edit *

    sachsさん

    無しって訳ではなくてスープ切れで暖簾落ちしているようで、ストックがある日は夜でも営業しているそうですよ。

    また機会をみてご訪問なさってみてください。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2015/07/03 22:35 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/440-51892729
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)