07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    麺屋 信成 

    6月の定例訪問を果たすべく、長期休業を終えたばかりの 『麺屋 信成』 さんへ♪ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ

    shinsei1066.jpg

    お邪魔したこの日は、数日前に梅雨入りが発表されたこともあり、朝から気温も低く愚図ついた空模様でしたが、ラーメンを啜るには肌寒いくらいの陽気が好都合ですね(・ω・)    

    久しぶりにレギュラーメニューを頂いてみようとさんざん迷った挙句、以前にも作って頂いて印象的な美味しさだったあの味が忘れられず、またしても裏メニューを・・・( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ


    地鶏塩ラーメン (※秋頃発売予定 味玉はご厚意です)
    800円

    shinsei1071.jpg

    パッと見はただ今絶賛発売中の「冷やし地鶏塩ラーメン」にうり二つですが、こちらは温かいラーメンです。 新作用に用意された三色雷紋の丼と、豪華絢爛な載せモノの多彩な彩りがなんとも美しいビジュアルですね(〃▽〃)

    shinsei1072.jpg

    チャーシューは真空低温調理される豚肩ロース肉と鶏胸肉の二種盛り仕様。 思わずビールを欲したくなるような濃いめの味付けはされておらず、お肉本来の旨味をしっとりとした食感で堪能できる品の良い仕立てです。 この辺りの卓越したセンスがファンの心を鷲掴みする魅力ですよね~( *´艸`)  

    shinsei1073.jpg

    フライドオニオンがトッピングされていますが、スープの風味を変貌させてしまうようなアイテムではないので、最後まで鶏の美味しさをじわっと楽しむことが出来ます。 ベビーリーフや水菜もその瑞々しさで、お口直しに最適の好アイテムになってますね。

    ベーススープは会津地鶏を炊いているそうですが、凝縮された地鶏の濃厚な旨味は力強くもあり、それでいてクドさや重たさを感じさせない鶏出汁ならではの良さが引き出されています。 特徴的なアクセントが与えられていないシンプルな味わいに、この一杯の大きな存在価値があると思います。

    shinsei1067.jpg

    低加水気味の中細ストレート麺がスープに良く合います。 噛み締めるときに鼻腔に抜ける小麦の香り、ぷつぷつっとした歯切れの良さ、するするっと唇をすり抜けていくしなやかな啜り心地に、この麺の素晴らしいパフォーマンスを見出すことができます。

    食べ手をグイッと惹き付ける美味しさに、思わず麺を手繰り寄せるピッチは加速しますが、それに相反して麺を食べ切ってしまうのが勿体ないとさえ思えてしまう塩ラーメンです(`・ω・´)


    レギュラーメニューの「コク塩」とは系統の全く異なる塩ラーメンで、円熟味の境地に磨きが掛けられた、いま現在の『麺屋 信成』さん最新の一杯です。 夏季限定の冷やしラーメンと入れ替えで秋頃に一般販売する予定なので、信成ファンの皆さまどうぞご期待ください!


    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2015/07/08 Wed. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/442-f218e5a2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)