05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    たなつものSHOKUDOU 

    7月1日から夏メニューに切り替えが行われた『たなつものSHOKUDOU』さんです。 「今年の夏メニューも相当スゴイらしい」って噂は小耳に挟んでおりましたが、前評判に違わぬ怒涛のラインアップが揃い踏みですよw( ̄▽ ̄;)w

    tanatsumono1074.jpg

    本年の夏季限定は、「フィトケミカル冷しベジソバ」が6種類、「冷しぶっかけ中華そば」が4種類、そして「フィトケミカル夏限定ランチコース」と、よりどりみどり♪( *´艸`)

    昨年も好評だった品に今年初登場の新作も加わり、お品書きを前にどれから頼めばいいのか迷ってしまいます。 ってか、片っ端から頂いてみたくなります( ̄▽ ̄i)ゝ  迷いに迷って、まず一杯目はこちらをチョイス。


    エゴマの冷しベジソバ
    900円

    tanatsumono1075.jpg

    たなつものスタイルが踏襲された洗練感と、個性溢れるビジュアルは相変わらずですね♪ 箸を付けて盛り付けを崩してしまうことに罪悪感すら覚えてしまう美しさです(〃▽〃)

    tanatsumono1076.jpg

    スープは味噌の風味を強く感じますが、節系ベースでしょうか。 磨り潰されたエゴマの実をはじめ色々な食材もブレンドしていると思われ、幾重にも重なるコクの深い味わいです。 それを食べれば十年長生き出来るとも言われ、別名「じゅうねん」とも呼ばれるエゴマは、磨り潰すと独特の爽やかな風味があって、スープに夏らしい清涼感をもたらしています。

    すり下ろし生姜や豆腐など個性的なアイテムが並びますが、これらも味決めに欠かせない重要な食材です。

    tanatsumono1083.jpg

    ベジソバの載せモノは別添えで、真空低温調理されたしっとりお肉、キュウリの千切り、アーリーレッド、穂先メンマなどなど、全てを丼に移植して豪快に混ぜて頂くスタイル。 スープの塩味がやや強めに効いているのは、これら載せモノを混ぜ合せることを前提としているんですね(・ω・)ノ 

    先述したように美しい盛り付けを崩すことに躊躇されるかもしれませんが、臆せずに豪快に混ぜてしまいましょう!

    tanatsumono1081.jpg

    熟成乾麺に絡みつくスープが、ちょっと只ならぬことになっていますよw( ̄▽ ̄;)w もともとスープの持ち上げに優れる麺ですが、とろっと粘性があるおかげで箸に重みを感じるくらい纏わりついてきます。 滑らか至極のつるんとした歯触り、きりっと冷水締めされるコキコキの食感ともに素晴らしく、ただただ一心不乱に啜り上げていました。


    せっかく仕事終わりに駆け付け一杯だけでお店を後にするなんて余りにも勿体ないので、もう一種類だけ頂いてみることに・・・Ψ( ̄∀ ̄)Ψ


    辛い冷しぶっかけ中華そば
    900円

    tanatsumono1078.jpg

    他のメニューから一日遅れで追加された辛味系のぶっかけ中華そば。 何層にも積み上げられた種々の食材で、とても麺料理には見えないお姿ですΣ(・ω・ノ)ノ!

    tanatsumono1079.jpg

    山頂を飾るのはお馴染みの低温調理チャーシュー。 冷たくても食感は柔らかく、肉質の良さと調理スキルの高さを見せつける逸品。 

    tanatsumono1080.jpg

    チャーシューの下には千切りキュウリがモリっと盛られ、周囲をアーリーレッドとブロッコリースプラウトが彩り、一部で流行の兆しを見せている(?)フライドオニオンも散りばめられます。 

    スープはこちらもとろみのある濃厚な味わいで、味噌とコチュジャンをベースに仕立てているそうです。 肝心の辛味の方は自社製造のチリシードオイルで武装。 一口目は辛さを感じないのですが、後から時間差で追いかけてくるHOTな辛味はちょっと侮れないレベルΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!? 

    先述の瑞々しいお野菜が中和剤的アイテムになっているのですが、このパンチ力の前ではいささか力不足かもしれません( ̄▽ ̄;)  辛味耐性の弱い方にはお勧め出来ませんが、これくらい振り切った辛さの方が夏らしくてイイと思います♪ 

    tanatsumono1082.jpg

    麺もかなり赤くなっていますねww  食べ進めていくにつれてジリジリと増してくる辛味のなかでも、しっかりと麺の美味しさが味わえるんですね。 噛み締めた時の歯切れの良い食感の他に、冷たく締められることで歯を押し返すような弾力も手に入れ、より一層この麺の魅力が際立って感じられるのでした。

    tanatsumono1084.jpg

    私はデフォで充分に楽しめましたが、もっと強烈な刺激を望まれるのであれば、先述したオリジナルチリシードオイルを振り撒いてみてください。 唐辛子は種の部分が一番辛味が強いらしく、それを自社工場の圧搾機で絞った激辛のオイルだそうです。 

    冷たいメニューなのにじわっと汗ばんでくるような一杯で、今年の目玉商品になりそうな予感♪ 残り8品も順次食べ進めて全制覇を目指したいと思います。

    いやいや、この夏も楽しくなりそうです♪(*´▽`*) 


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/07/11 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/443-fe2217a5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)