02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

    麺や うから家から 

    約4か月ぶりで暖簾を潜った 『麺や うから家から』 さんです。 福島市内での所用を終えて、帰りしなに立ち寄らせて頂きましたよヽ( ̄▽ ̄)ノ

    ukara1089.jpg

    土曜の昼時とあって、お店の外にも順番待ちが出来るほどの盛況ぶりですが、スムーズなオペレーションのおかげで最小の待ち時間で済んでしまうのは有難いところですね♪ 

    こちらの夏の風物詩・冷やしらーめんがリリース中で、券売機に向かうまではそれを頂こうと思っていた筈なのに、ふと気付いたら「特もやしらーめん」のボタンをポチっていました∑(゚ロ゚〃)ハッ もしかすると土曜日の深夜枠で放送中の某番組に感化されていたのでしょうか?Ψ( ̄∀ ̄)Ψ


    特もやしらーめん
    950円

    ukara1090.jpg

    麺大盛りのヤサイマシアブラカラメ、ニンニク抜きでオーダー。 ド~ンと盛られたモヤシの山はなかなかの標高ですね(; ・`д・´) マシマシにしたらいったいどんな量になっちゃうんでしょうw( ̄▽ ̄;)w

    ukara1091.jpg

    たっぷりとブチ撒かれた大粒の背脂は必要以上に諄かったり脂っこい印象は与えず、上質な動物系のコク味を醸します。 カラメコールしたのでキリっとした醤油のキレが際立って感じられます。

    先述の通りニンニク抜きですが、カエシに微量のニンニクが仕込まれているのか、気にならない程度にニンニクテイストが効いていて美味しさの下支えを担っていました。

    ukara1092.jpg

    低温調理チャーシューの柔らかさはいつもの如くで、しっかり染み入った醤油テイストが食欲を覚醒させますね( *´艸`)

    分厚い油膜が張られてはいますが、乳化の見られないスープはサラッとしています。 しかしながら、しっかりとジャンキーさあって、あのラーメン特有の中毒性の高い魅力は存分に楽しめます。 

    ukara1097.jpg

    自家製の極太麺は歯を押し返すような弾力ある噛み応えで、しっかり小麦の香りも漂います。 豪快に啜り上げればブルンブルンの暴れん坊ぶりで、自家製麺の面目躍如たる美味しさをこれでもかとアピール♪ 大盛りの麺量は250gとなりまして、ハングアップしてしまうような驚愕のボリュームでこそないと思いますが、ヤサイマシしたお陰で望外の満腹感に・・・(;・∀・)


    決して粗暴なジャンク感にあらず、名店のアイデンティティーにしっかりと沿った自然派仕立ての良さが活かされる一杯です。 惹き付けられるファンが後を絶たないのも大いに頷ける唯一無二の美味しさでした(*´▽`*)


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/07/14 Tue. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/444-578f161a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)