03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    そば処 やなぎや 

    当ブログ初登場になります、二本松市本町の 『そば処 やなぎや』さんです。 創業108年を迎える老舗中の老舗になりますが、以前はラーメンも提供してらっしゃったんですよね。 私の両親の子供の頃の贅沢と言えば、こちらでラーメンを頂くことだったそうで、今でもあの時の美味しさは鮮明に覚えていると申しております。

    yanagiya1132.jpg

    数年前に中華麺系がメニュー落ちしてしまったのが何とも残念なのですが、ここにきてまさかの新メニューがリリースというサプライズΣ(・ω・ノ)ノ! 蕎麦好きの父親も連れ出して、久々に暖簾を潜らせてもらうことにしました。



    福島鶏白湯のつけそば+伊達鶏天と季節のかき揚げ
    1100円

    yanagiya1133.jpg

    福島三大鶏を白湯で炊く濃厚つけ汁に、日本蕎麦を潜らせて頂くという斬新極まりないなメニューです。 鶏出汁ベースのおつゆでも鴨南蛮なら分かりますが、白湯つけ汁ってどうなんでしょう???(;・∀・)

    yanagiya1134.jpg

    つけ汁は凝縮された鶏の旨味がクリーミーかつ濃厚です。 やや強めに効かされたカエシがどことなく和風仕立てにも思えたのは、門外不出の秘伝のカエシを合わせているそうです。 丼底には唐辛子が仕込まれているらしく、ピリ辛テイストが鶏の旨味の輪郭を際立たせています。 

    こりゃあラーメン専業店も尻尾を巻いて逃げ出すくらいの超ハイレベルですよ!(; ・`д・´)

    yanagiya1136.jpg

    蕎麦は細切りでしなやかな麺線ですね。 滑らかな舌触りからして二八辺りでしょうか? 蕎麦の風味も甘みも仄かに感じられました。 蕎麦の下に敷き詰められる大根の千切りが個性的ですが、濃厚つけ汁の中和剤として後に威力を発揮してくれるんです。 

    yanagiya1135.jpg

    薬味は刻みネギとちょっと見たことのない品は、ゴボウを揚げたゴボウチップだそうです。 食感もよく、ゴボウの香ばしい風味も良いカンジ♪

    yanagiya1138.jpg

    さて、肝心のつけ汁との相性ですが、何ら違和感なくマッチしちゃってますねw( ̄▽ ̄;)w 食べ進むにつれて濃厚な鶏の旨味に繊細な蕎麦の風味が押されてしまいますが、本品のメインキャストは鶏白湯のつけ汁でしょうから、これはアリだと思います。 先述した千切り大根は蕎麦と一緒に手繰って頂いてみましょう。 大根の瑞々しさがつけ汁の濃度を和らげてくれます。

    yanagiya1137.jpg

    オプションで伊達鶏天と季節のかき揚げも頼みました。 伊達鶏の天ぷらは、いわゆるかしわ天ってヤツでしょうかね。 銘柄鶏だけあってぷりっと柔らかいですし、その肉質の良さがしっかり美味しさに反映されています。 かき揚げは季節の旬の野菜を用いていて、今回の具材は赤ピーマン、枝豆、タマネギでした。 外側はサクッと香ばしく、中身はふっくら柔らかく、なおかつ食材の味もちゃんと引き出されています♪ 老舗蕎麦屋さんのかき揚げですから、美味しくない筈がありませんよね~( *´艸`) つけ汁にINして頂いたりしちゃったら、もう昇天するくらい美味!

    お蕎麦だけではちょっと物足りないと思われる方にはお勧めの逸品ですよ♪


    100年超えの老舗で、まさか鶏白湯が頂ける日が来るなんて誰が予想したでしょう。 お蕎麦の世界から見れば革新的なメニューと言っても大袈裟ではないと思いますが、新感覚の美味しさと完成度の高さにご満足いただけるものと思います。  



    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2015/07/22 Wed. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    あっ!

    記事貯めしったら
    追い越されました^-^
    天ぷら組み合わせは、
    私より上等なレヴェルですね。
    後、追います。

    sachs #- | URL
    2015/07/22 21:23 * edit *

    sachs さん

    召し上がられてたんですね♪
    名物メニューとして広く認知されたら嬉しいですね。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2015/07/24 00:23 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/448-4ac591c3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)