02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

    麺処 あんかつ 

    華々しいオープンから1ヵ月ほどが経過し、オペレーションや仕込みなども安定してきた『麺処 あんかつ』さんにピットイン。 近頃は夜の部でも暖簾を潜れるようになり、週末や日中に時間の取れない方にとっては入店のハードルが下がりましたね♪

    ankatsu1171.jpg

    今回は閉店間際に滑り込んでみましたが、ちょっと遅めのランチを楽しまれるお客様で賑わっていまして、リピーターさんもしっかり付いて下さっているようで何よりです♪ 少し前に夏向けのメニューが加わったとのことで、その味を確かめるべくオーダーさせてもらいました。


    つけ麺 並盛 (味玉はご厚意です)
    800円

    ankatsu1173.jpg

    つけ汁の容器も麺皿もどちらも黒で統一されたシックな装いで登場。 如何にも濃厚そうなつけ汁の色味ですが、ベーススープから新しく作っちゃったようですΣ(・ω・ノ)ノ!

    ankatsu1174.jpg

    そのつけ汁は、豚足、豚耳、豚皮、丸鶏、モミジを時間をかけて炊き上げているそうです。 やや乳化させているようで、表面に薄膜が生成されるほどコラーゲン質をたっぷりと含んでおり、クリーミーな舌触りで濃厚な旨味を伝えてきます。 

    濃厚ではあっても化学のチカラに頼らない自然派な旨味は、後味スッキリで軽快ですらあります。 節系など魚出汁の香味も加えられ、ほんのりと酸味のアクセントが配されていました。

    ankatsu1175.jpg

    麺上に添えられる載せモノは、ご厚意の味玉をはじめ、メンマ、ネギ、真空低温調理チャーシューと、なかなかの彩りです(〃▽〃) 上質な国産豚の内モモを使う低温調理チャーシューはしっとり柔らかくて、そのまま頂いても問答無用のウマさなんですよね♪ 

    つけ汁のなかには豚バラチャーシューが何枚か仕込まれてて、こちらはつけ汁に熱せられて蕩けるような柔らかさ。 品の良い甘みを伴う脂質の美味しさは、もう愉悦の極みでございました( *´艸`)

    ankatsu1176.jpg

    麺はラーメン同様に『羽田製麺』さんのもので、舌触り滑らかな多加水のストレート太麵。 冷たく締められても咀嚼に疲れてしまうような強靭な食感にあらず、適度にもっちり感を残した歯応えですね。 

    麺量はプラス100円の中盛300g~250円の特盛600gまで全4段階で細やかに対応して下さいますので、ご自身のオナカに見合ったボリュームで楽しむことが出来ます。

    ankatsu1177.jpg

    つけ汁にダイブさせることでその熱を帯びてしなやかさが増します。 噛み応え等のインパクトは控えめで、これはつるっと滑らかな喉越しを楽しむべきところでしょうか。 ドロポタ仕様ではないものの濃度的にも申し分のないつけ汁ですから、その持ち上げもいたって良好と言えますね。

    何度も試行錯誤を繰り返して研鑽に励んでおられるようですから、今後の進化の過程も追いかけていきたいと思います。

    ankatsu1172.jpg

    店内の装飾もますます賑やかになって新店らしい活気が感じられます♪ またお邪魔しま~すヽ( ̄▽ ̄)ノ

     
    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/07/30 Thu. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/452-f4fa134c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)