09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    たなつものSHOKUDOU 

    この日は仕事終わりに娘を迎えに行くって口実のもとに、夏季メニューが販売好調の『たなつものSHOKUDOU』さんにお邪魔することにしましたΨ( ̄∀ ̄)Ψ

    tanatsumono1183.jpg

    平日の夜の遅い時間にもかかわらず、お酒と一緒にディナーを召し上がられるお客様で賑わっていましたが、テーブル席で宴会されていた先客様がVIPな方々だったりして思わずびっくりw( ̄▽ ̄;)w 軽くご挨拶しつつ、豊富な夏メニューから今宵の晩ご飯を品定めさせて頂きました。

    前回もご紹介させて頂いている通り、冷たい麺メニューだけでも10種類もラインナップされてますから、どれにするか迷うこと迷うこと・・・。 ようやく照準が定まったところで、まずはこちらをオーダーしました。


    冷しぶっかけ中華そば 熟成塩 
    880円

    tanatsumono1184.jpg

    「冷しぶっかけ中華そば」は、醤油、味噌、塩の3種類が用意されていますが、 “ 石垣の自然海塩使用 ” って文言に惹かれ、こちらを頼んでみました。 

    tanatsumono1185.jpg

    スープは鶏ベースの動物系と節系などの魚介をブレンドしていて、それ以外にも種々の食材から旨味を引き出しています。 塩ダレは先述の通り石垣の自然海塩を使用していて、しっかりと塩気が効かされながらも、刺々しさを感じさせないナチュラルな塩味が印象的です。 自社ブランドのオイルも配されており、キンキンに冷されたスープにナチュラルなコク味を与えていました。

    tanatsumono1186.jpg

    載せモノは紫タマネギ、キュウリがもりっと盛られる他、メンマ、ナメコ、細切りチャーシュー刻みネギなどなど。 やや強めに効いてる塩気は、これら具材を混ぜ合わせることを前提にしているんですね。 味変ツールの山葵を溶けば、涼味溢れる美味しさに爽快感が増します。

    載せモノだけでもなかなかのボリュームになりますから、食べ応えでも満足出来るものと思います。

    tanatsumono1190.jpg

    こちらの麺メニューには欠かせない稲庭熟成乾麺。 極上の喉越しとぷつんとした歯切れの良い食感を楽しませてくれ、冷たく締められていてもなお小麦の香り立ちが伝わってくる逸品です。

    3種類のぶっかけ中華そばのなかでも、おそらく一番端麗なハズの塩ベースですが、様々な食材が重ね合わされる旨味・風味の華やかさに思わず目を見張りました(; ・`д・´) これは、醤油味と味噌味も確かめなくてはなりませんな( *´艸`)


    フィトケミカル冷しベジソバ ナス
    900円

    tanatsumono1187.jpg

    あまりにも美味しいとついついお代わりしたくなりますよね( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ ってことで、二杯目は今年の新作・ナスの冷しベジソバをリクエスト♪ 一杯目とは打って変わって、見るからに濃厚そうなスープですね。

    tanatsumono1188.jpg

    スープは少しクリーミーですが、何と茄子をペースト状にしてあるもので伸ばしているんだそうですw( ̄▽ ̄;)w 味噌テイストで旨味の下支えをしていて、そこにたなつものブランドのチリシードオイルでピリ辛に仕立てています。 その他、たしか黒胡麻オイルも入ってるって言ってたような・・・。

    トッピングされるのは焼き茄子でしょうか。 今がまさに旬で、しかも新鮮そのものですから、茄子の甘みもしっかり味わえるんです(〃▽〃)

    tanatsumono1189.jpg

    例によって冷しベジソバの載せモノは別皿で供され、それを丼に移してマゼマゼして頂くってのが作法です♪ 細切りにされたお肉の旨味、千切りキュウリの瑞々しい食感、クレソンのほろ苦さ等々、全てが渾然一体となってオリジナリティに富んだ独自の美味しさが完成されます。 

    tanatsumono1191.jpg

    『佐藤養悦本舗』さんの特注スペックの熟成乾麺は、スープの持ち上げも殊の外優れています。 本品のような少しとろみの付けられたスープだとその特性が顕著に表れてきますね。 濃厚な旨味を余すところなく纏い上げてくれながら、全粒粉ブレンドに由来する小麦の風味もしっかりとアピールし存在価値を訴えます。  


    これで2015年夏メニューの4品を頂いたことになりますが、今回のこの2品も傑出した完成度で楽しませてくれました。  独創性溢れる『たなつものSHOKUDOU』さんの夏季メニュー、自信を持ってお勧めいたします!(`・ω・´)
    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/08/01 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/453-6e2abb91
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。