07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    麺屋 信成 

    梅雨明けも間近に迫っていたとある休日のこと、7月の定例ランチを楽しみにいつもの『麺屋 信成』さんへ。 

    shinsei1220.jpg

    今回はいつ以来になるのか、久しぶりにレギュラーメニューからのエントリー。 こちらの代名詞にして金看板とも呼べるあの一杯を所望しました。 


    黒醤油 (味玉はご厚意です)
    800円

    shinsei1221.jpg

    同じお店でも色々な味を万遍なく頂くことが好きな私なので、 “ 黒醤油信仰者 ” のような鬼リピこそしていませんが、久々に口にするからこそ進化の軌跡が鮮明に感じ取れたりもします。

    ベーススープは鶏ガラ・豚ゲンコツの旨味を綺麗に引き出し、濃口醤油を礎とする醤油ダレの濃密なテイストが神々しいほどのマリアージュで重なり合います。 上質な自家製ラードのコク味も、存在価値を更なる高みへと昇華させる重要なディテール。

    shinsei1222.jpg

    はんなりとした柔らかさの低温調理チャーシュー、漆黒スープの旨味を纏ったモモチャーシュー、どちらも大ぶりで食べ応えがあり、まるでチャーシューメン並みの高い満足感を与えてくれます。 

    shinsei1224.jpg

    刻みネギの辛味と風味は予定調和の如く漆黒スープに馴染み、水菜のほろ苦さは一服の清涼感を生み出すアイテムとして素晴らしい完成度の一翼を担います。

    shinsei1225.jpg

    切り歯22番の中細ストレート麺はぷつっと歯切れもよく、低加水らしい硬質的な歯応え。 小麦の風味と漆黒スープのコラボレーションが奏でる相乗効果で、食べ手を至福の一時へと誘います。 

    全てが美しく調和して完成に至る絶品至極の味わい。 そしてこの美味しさに浸れる無上の喜び。
    進化の歩みを止めない珠玉のラーメンここにあり。


    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2015/08/04 Tue. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    信成さん

    今期から「獅子奮迅隊」の代表となったコチラ、
    自分の車の主治医が喜久田から須賀川に移転すると
    同時に御無沙汰してます。
    今では以前のように鏡石に在ったほうが便利でした。

    こちらもチャーシューは真空低温調理と様変わりしたんですね。
    行く機会を作ります。

    sachs #- | URL
    2015/08/04 21:30 * edit *

    sachs さん

    チャーシューも然りですが、麺もスープも絶えず美味しく進化させてますよ♪(* ̄∇ ̄)ノ

    機会を作ってでも行く価値のあるお店だと思います。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2015/08/05 19:56 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/455-1b9671bf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)