06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    麺や うから家から 

    8月26日をもって現店舗での営業を終えられてしまう『麺や うから家から』さんに最後の訪問を果たしてまいりました。 万世町に店を構えられていた頃は、気になりつつも足を運ぶことが出来ませんでしたが、2009年9月に松川町に移転されると伺った時は歓喜したものです。

    ukara1291.jpg

    その後は皆さんもご存知の通り、屈指の実力店として福島ラーメンシーンの先頭を走り続けらてこられましたが、次なるサードステージへ向けて、ここで一旦ピリオドを打たれる決意をされました。 最終営業日まで残すところ10日を切りましたが、今のお店との別れを惜しむように大勢のファンが訪れ、店先には長蛇の列が出来ていました。

    私も恐らく今回が現店舗で頂く最後の季節メニューになるであろうと、こちらの夏の風物詩を頂くことにしました。


    冷やしラーメン (味玉はご厚意です)
    830円

    ukara1292.jpg

    冷製スープはキリっと強めに効かされる醤油テイストと節系の香味が綺麗に馴染んで、スッキリとした和風な味わいに仕立てられます。 油膜は冷たくても凝固しない植物性オイルが用いられていると思いますが、完全無化調の軽快な味わいに一輪のコク味を与えます。

    ukara1293.jpg

    真空低温調理された豚モモ肉チャーシューはしっとり柔らかな食感でお肉の美味しさを楽しませてくれますが、この日の出来栄えは何か神がかり的な美味しさにも感じました(; ・`д・´)

    ukara1294.jpg

    キュウリの千切りはシャキシャキっと瑞々しい食感で清涼感をもたらし、コリコリの細切りメンマと共に食感のアクセントにもなっています。

    また、ご厚意で頂いた味玉は黄身の柔らかい半熟加減や、適度な味の染み入りなど、実に丁寧な下拵えを感じさせてくれるもので、載せモノのクオリティにおいても超一流の実力を垣間見せてくれるのでした。

    ukara1295.jpg

    多加水の自家製太縮れ麺の秀逸さも聊かの陰りも見せません。 ブルンブルンの躍動感溢れる啜り心地、ぎゅっと冷たく締められた弾力感な噛み応え、スープに負けじと主張する豊かな小麦の風味。 全く隙を見せないパーフェクトな美味しさに魅了されてしまいました♪

    ほんのちょっと前までは、夏季メニューと言えばクラシカルな冷し中華が定番だった筈で、暑い時期の新定番として認知され始めたたのはつい最近のことですよね。 私的には冷やしラーメンをこれほどポピュラーなものに押し上げてくれたのは、実は『うから家から』さんの功績があったからこそではないかと考えています。 醤油、塩、味噌と豊富なバリエーション展開で、その日の気分で味を選べるのも嬉しいところでしたし、こちらの冷やしラーメンにインスパイアされたお店も少なくないと思います。 

    先述の通り、現在の店舗での営業も残すところ僅かですが、今年の夏の締め括りに絶品冷やしラーメンは如何でしょうか♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ 次の移転先や再開時期などは未定のようですが、新天地でもますますご活躍されますことをお祈りしています。
    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/08/19 Wed. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    現実に・・・

    去年より耳より情報はありましたが、
    遂にその期が訪れましたか・・・
    「あんかつ」さんがオープンし、相乗効果が楽しめる
    エリアになりましたが、残念です。

    sachs #- | URL
    2015/08/24 21:12 * edit *

    sachs さん

    移転とは言え寂しいですね。
    新天地での営業再開を楽しみに待ちましょう。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2015/08/25 21:40 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/461-81a3068e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)