04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    旨いらーめん屋 壱麺 

    この日は毎年8月最終の土日に開催される『川俣シャモまつり』に合わせて、川俣町在住の知人を訪ねました。 その前に町内でランチを済ませようと何軒かリサーチをしていたのですが、町を挙げての一大イベントの関係でことごとく臨時休業にぶち当たってしまいました。

    そんなランチ難民と化した私を救ってくれたのが『旨いラーメン屋 壱麺』さんでした。 今回で3度目の訪問になりますが、前回お邪魔したのはもうずいぶん昔のことです。

    ithimen1344.jpg

    もともと地元では名の知れた人気店ですが、先述した通り町内飲食店の多くがお休みを取られていたお陰で、このエリアのランチを一手に引き受けてるのではってくらい異様な混み具合でした。 

    店内はカウンター席にテーブル席、お子様連れでもゆったりくつろげる小上がりも完備される大箱スタイル。 初代と二代目らしき男性が厨房を仕切られ、女性陣がホール係として対応されています。 

    メニューの方は、いつの間にやら “ 自慢の新発売 ” として「札幌こく味噌らーめん」なるものがお目見えしていて、その看板メニューの他に、味噌豚骨、醤油、塩、つけ麺と幅広いバリエーションを展開しています。 もちろんチャーハンや餃子なども取り揃えられ、サイドメニューもなかなか充実していますね。 

    何故に札幌味噌ラー推しなのかは分かりかねますが、ここはとりあえずヨシとしましょうw



    札幌から味噌らーめん
    780円

    ithimen1345.jpg

    何となく辛いものが食べたくて、お勧めの一杯に辛味噌をトッピングしたものを頂くことにしました。 白湯スープに北海道産の味噌を合わせているとのことで、味噌の風味はシャープで塩気も強めです。  赤味噌をベースとする味は濃いめですが、ラードなどの油膜はあまり見られないので、味噌ラーメンとしてはそれほど重厚なタイプではないでしょう。 

    ただし、田舎杓子に載せられた辛味噌を溶けば、それ相応にパンチ力が増しますね。 本場・札幌のお店は未訪ながら、ラーメンショーで体験させて頂いた札幌系を彷彿とさせる雰囲気は感じられました。 

    ithimen1346.jpg

    載せモノがスープに沈んでしまっていますが、バラチャーシュー、半味玉、モヤシなどの野菜がトッピングされています。 チャーシューは繊維が崩れるような柔らかさでなかなかの美味♪

    もう少しだけ盛り付けに気を配ってもらえれば見た目の印象も良くなるハズですが、味には無関係なのでこれもヨシとしましょうww

    ithimen1348.jpg

    麺は多加水縮れ麺ですが、もともとこういう麺なのか、それとも茹で時間の長さが関係しているのか、ゴワっとしたかなり硬めの食感です。 麺量はちょっと控えめに思えましたが、味噌スープも良く絡んでくれました。  


    半五目石焼チャーハン
    190円

    ithimen1347.jpg

    石焼き鍋の中に、白飯、玉子そぼろ、ほぐしチャーシュー、ハム、モヤシなどが載せられコンロで熱々に焼かれて登場です。 火傷しないよう気を付けながら白飯と具材を良くまぜまぜして頂きましょう。

    ithimen1349.jpg

    ご飯の量はお茶碗一杯分ほどで、もうちょっと食べたいって気がしないでもありませんw( ̄▽ ̄;)w お値段相応といったところでしょうか。  

    先述の通り、暫くお邪魔しない間に大幅にメニューが刷新されていてちょっと驚きましたが、なくてはならないお店として地域に愛されていところは昔と変わっていないようです♪

    関連記事

    category: 中通り

    Posted on 2015/09/09 Wed. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/468-6b530977
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)