07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    和風レストラン まほろば 

    先頃のシルバーウィークを利用して、家内と南会津方面に一泊旅行に出掛けてきました。 
    磐越自動車道・会津坂下ICで降りて国道252号線に入り、柳津町の福満虚空蔵尊圓蔵寺をはじめ、国道沿いをあちこち散策しながら南下して、この日のランチは只見町のとある食堂で頂くことに決めていました。

    ほぼ予定通りの時刻にそのお店前に到着しましたが、事前リサーチを怠ったせいで思いっ切り定休日にぶち当たってしまいました。 こんなこともあろうかと数年前に訪問済みのお店を第二候補としてキープしていたのですが、そちらに向かってみたら店舗ごとまるっと消えて無くなっていたという・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

    選択肢の少ないエリアでまごついて、旅の楽しみの一つでもあったランチそのものを摂り損ねてしまうことだけは避けたく、周辺調査しようと車を走らせた直後に偶然見つけだしたのが、『和風レストラン まほろば』さんです。

    mahoroba1465.jpg

    場所は只見駅からもほど近い駅前エリアで、役場や銀行、スーパーなどが揃う町の中心地に構えられています。 立派な店構えがやや敷居を高く感じさせますが、店先の駐車場が満車になるほどの盛況ぶりなので、まず大きくハズレるようなことはなかろうと思い切って飛び込んでみました。

    店内は小上がりや座敷席があって、お寿司屋さんを彷彿とさせるカウンター席も設けられた純和風な造りです。 創業40年を迎えられる老舗料理屋として、食事はもとより各種宴会や仕出しなども手掛けられているようで、地元のお子様連れから観光目当てのシニア層まで幅広い客層で賑わっていました。 

    メニューのほうは、おおよそ一般的な和風料理店でもお馴染みの顔ぶれが揃いますが、築地や気仙沼から直送される魚介を使った魚料理も豊富にラインナップされててちょっとビックリ。 只見産の蕎麦粉で打った十割蕎麦も人気のようですね。

    分厚いお品書きを見てあれこれ迷いはましたが、町の老舗食堂でがっつりいく筈だったオナカを満足させてくれそうなものを見つけちゃいました♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ


    ソース煮込みかつ重
    900円

    mahoroba1466.jpg

    会津に来たら “ ソース煮込み ” でしょ!ってことで、家内ともども同じ品を頼みました。 食堂風情とは異なる重箱スタイルがお上品ですが、この如何にも濃ゆそうな煮込み具合が期待感を持ち上げてくれます♪

    mahoroba1471.jpg

    味噌汁は豆腐と三つ葉のシンプルなものですが出汁は鯖節でしょうか。 節の旨味がしっかりと効かされつつ、品の良い繊細さもあって、これもまた食堂テイストとは趣を異にする仕立てです。 キュウリとキャベツの香物は塩加減もほど良く、良い塩梅に漬かっています。 さっぱりとして箸休めにもってこいでした。

    mahoroba1473.jpg

    メインの煮込みカツですが、これがかなりの個性派仕立てなんです。 ソースの濃い目の味付けとバランスさせるように甘みの主張もしっかりあって、たっぷり振り掛けられたブラックペッパーが溶き卵のマイルド感をも押し退けるほどスパイシーに効いています。 じわじわっとくるHOTな辛味で、ちょっと意表を突かれるほどインパクトある味に仕上げられていました。

    mahoroba1470.jpg

    厚さ1センチほどの豚カツは言うまでもなく揚げ立てです。  パン粉は細目のものが使用されているので口当たりは軽く、肉質も上々のロース肉はサクッと歯切れる柔らかさ。 女性でも難なく食べ切れてしまうくらいのボリュームなので、成人男性にはやや物足りなく感じられるかもしれませんが、和食料理店とは思えぬオリジナリティに富んだ味は、それを差し引いても余りある充実の美味しさでした。

    二時間も掛けて訪れた場所で立て続けにお目当ての店にフラれたのはショックでしたが、そのおかげで思わぬ稔りとも言える良店との出会いに恵まれたのでした♪


    関連記事

    category: 会津地方

    Posted on 2015/09/27 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    結果ベストチョイスでホッとしました。ここは何を食べても美味しいです。お薦めです。

    mer #- | URL
    2015/10/01 03:29 * edit *

    mer さん

    コメントありがとうございます♪
    途方にくれかけましたけど、このような名店があったんですね(* ̄∇ ̄)ノ

    フラれたあのお店のリベンジ共々、またお邪魔したいと思います。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2015/10/01 22:06 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/474-35be378c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)