03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    麺処 あんかつ 

    ちょっとインターバルが空いてしまった『麺処 あんかつ』さんですが、夜の部営業を狙って急襲をかけてみました。 まだシルバーウィーク期間中のことになりますが、いつの間に取材を受けていたのか、某ローカルTV局の情報番組にご出演されてたんですよね。

    ankatsu1509.jpg

    その番組内で紹介されたのがボリューミーでジャンキーな「辛いまぜそば」だったのですが、この日の客層はそれ目当てと思われる食べ盛り世代の男性グループが多かったようです。 実は私もそれを頂くつもりで突撃を試みたのですが、前回訪問時のデジャヴが如くまたしても完売しちゃってましたΣ(・ω・ノ)ノ!

    でも、食べられなかった残念な気持ちよりも、それだけ多くのお客様が足を運んで下さっていることが素直に嬉しかったです♪ ・・・ということにしておきましょうかね( ̄▽ ̄i)ゝ


    醤油 (※味玉サービスです)
    750円

    ankatsu1510.jpg

    今回は初心に立ち返り、お店の基本とも言える醤油ラーメンを所望しました。 丁寧に盛り付けられた端正なビジュアルも然ることながら、丼から立ち昇ってくるスープの香りに思わず恍惚となりそうです♪

    ベースは丸鶏をメインに据える清湯系スープですが、利尻昆布など3種類もの昆布も使用して奥深い旨味を醸成しているそうです。 鰹や鯖節などをオリジナルブレンドする “ 追い節 ” で魚出汁の旨味を積み上げますが、有無を言わさぬような力強さよりも、品の良さが先行する洗練感のある味作りだと思います。

    ankatsu1511.jpg

    バラ肉チャーシューはスープで熱せられホロホロと崩れるような柔らかさ。 脂身は上品な甘みで、国産豚の肉質の良さとその美味しさを伝えてくれます。 真空低温調理されたモモチャーシューは、安斎店主の修行先で名店の誉れも高き『麺や うから家から』さん直伝の仕立てです。 バラチャーシューとはまた違う食感で、噛み締める度に肉の旨味が染み出てくるようです。  贅沢な合い盛りチャーシューが一杯の満足感を更に高めてくれますね。

    ankatsu1513.jpg

    麺は県内産の小麦にこだわった中加水率のストレート麺。 福島市の『羽田製麺』さんで製麺されますが、全粒粉ブレンドによる小麦の香りがほのかに鼻腔に抜けます。 食べ進むに従ってしなやかさが増してきますが、パツっとした張りのある歯応えは最後まで衰えることを知りません。 グルテンがほど良く溶けだしてきた頃に、初見とはまた違う魅力が顔を覗かせるような気もしました。


    辛そぼろ飯
    300円

    ankatsu1512.jpg

    いつの間にかしれっとサイドメニューの拡充も図られていました。 てっきり鶏そぼろかと思いきや、豚挽き肉に辛味を纏わせたそぼろ飯のようです。  ちょっとパンチの効いたピリ辛テイストが白飯によく合って、思わず箸が進む美味しさでした。

    新メニュー開発はもちろんのこと、既存メニューのブラッシュアップにも余念がありませんが、ここに無くてはならないお店として認められるべく更なるご活躍に大きな期待を寄せています。  そして、三度目の正直で因縁の一杯にありつけることも期待してますよΨ( ̄∀ ̄)Ψ


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/10/04 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/477-eafb6d89
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)