09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    平安 

    以前どなたかのブログでお見掛けして存じ上げていましたが、相当な歴史をお持ちとのことで伺ってみました。



    P1000194(1).jpg


    どことなく雅やかで、品がある店名にも思えるのですが(笑)店舗は至って普通で、昔懐かしいような雰囲気は希薄です。旧店舗から移転でもされて来たのでしょうか。






    ラーメン
    450円

    P1000195(1).jpg


    室温との差で湯気が立ち込め、曇り気味の画像になってしまいました。
    ごくシンプルなトッピングのせいもあってか、丼内にみっちりと麺が詰まっているようにも見えます。鶏出汁の香りは確認出来ましたが、醤油タレの存在がそれを大きく上回り前面に出ています。油層も少なめで、見た目通りのあっさりした味わい。



    P1000197(1).jpg


    この麺は、多加水麺のツルっとした舌触りや、モチっプリっとした弾力のある噛み応えは感じられず、かと言って低加水麺ようなモソモソ感やプツっと噛み切れる硬質な感じでもない、今まで経験したことのない不思議な食感。太さが均一ではない縮れの強い細麺でしたが、茹で上げの絶妙なタイミングは店主の長年の経験から培われたものなのでしょう。



    P1000198(1).jpg


    「タレ」と書かれた容器が気になり女将さんにお聞きしましたが、ラーメン用の醤油タレだそうで、この醤油タレやお酢、一味、胡椒等を自由に投入して自分好みに調整して味わうのが流儀のようです。某ラーメンチェーン店でも頑なにデフォで食べる事をモットーとする私にとってカスタマイズは最後の最後の手段なのですが、お店の流儀に則って何となくお酢を投入してみました・・・す、酸っぱいデス(笑)

    店主も女将さんも、話し掛けてみるととても気さくな方でした。次回は胡椒と一味をブレンドして味わってみようかと(笑)




    P1000199(1).jpg


    おまけ。
    テーブル席側の壁に掲げられていた大きなポスターですが、どなたでしょう?




    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2011/02/14 Mon. 14:37  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    コメント

    No title

    度々耳にするお店ですが、未だ暖簾を潜った事はありません(^^) お手頃価格って事では、先の「枡はん」さんに比肩しますね。

    まだまだこういうお店が残っているんですねぇ~ 是非ともご壮健で暖簾を守って頂きたいですね(^o^)

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2011/02/14 15:11 * edit *

    無芸大食さん

    ワンコインでも、お釣りが返ってきますからねw

    新しいお店ばかりに目が行ってた頃は考えもしませんでしたが、こういった歴史ある店が健在であることを嬉しく思います。
    これからも、変わらぬ味を継承していって頂きたいものです。



    Iceman #- | URL
    2011/02/14 22:34 * edit *

    No title

    今日はひと言、「ディープ」と吉田類(各自調査)調に発したくなります。
    平安さん、ICEMANさんが最近仰る、「郷愁」といった感じが程よく出ている感じがしますね。そして、醤油タレとか、太さが均一ではない縮れの強い細麺って、すごく気になります。
    ICEMANさん、他者のブログに掲載されない(されにくい)ところに行くところがすごくイイですよv-10 その嗅覚、見習いたいです。

    ヤス #- | URL
    2011/02/14 22:49 * edit *

    ヤスさん

    「酒場放浪記」は毎週欠かさず見てる大好きな番組です。
    もちろん、昨夜も拝見してましたよ(笑)

    私の嗅覚は全然たいしたことなくて、大御所ブロガーさんの記事や
    ラーメン本なんかに頼りっ放しなんです。
    なので、見習うのであれば、そちらをオススメ致しますww

    「平安」さんの麺は自家製らしいのですが、本当に独特の食感で、
    あれに嵌る方の気持ちが何となく分かります。
    ワンタン麺も美味しそうでしたよ。

    Iceman #- | URL
    2011/02/15 09:16 * edit *

    しょうやはますやに七割近い。

    この平安は老舗ではありません。元々麓山近くにあった店から、大槻の今は無き左馬近くに店を構えた平安食堂の常連さんだった現店主が、教えを請うて今の場所に店を構えました。 ヅラはまんまですが残念ながら味は別物で
    す。当時のラーメン好きはますや分店派か、平安派かで二時間は酒を飲めましたよ。
    ちなみに前平安食堂は閉店してから二十年近く経ちます。

    babu69 #F9nWhlcI | URL
    2011/10/30 21:01 * edit *

    babu69さん

    コメント頂きまして、ありがとうございます(^^)

    これは大変興味深いお話を聞かせて頂きました。 
    相当の歴史をお持ちと伺い訪問したものの、店舗自体は特に古めかしい様子も感じられず不思議な心持でおりましたが、そのようないきさつがおありでしたか。 しかも、伝説の名店として未だ語り継がれる「ますや分店」さんと人気を二分されるほどのお店だったとは・・・。

    「平安食堂」時代の味は知る由もありませんが、現在の「平安」さんの味が以前と異なるテイストであるならば、それは現店主独自の解釈が加わったものとして捉えるべきなんでしょうね。

    何も知らない青二才が書いているブログで恐縮してしまいますが、このような貴重なエピソードをまたお聞かせ頂ければ大変嬉しく思います。  

    babu69さんのコメントのタイトルにも興味がありますので、近いうちにお邪魔してみようと思います♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/10/31 23:07 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/48-983ee649
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。