07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    自家製麺 工藤 

    オープンから一ヵ月が経過しましたが、着実にリピーターを増殖させ人気店への階段を駆け上がっている『自家製麺 工藤』さんです。 神明町地内のちょっと分かり難い立地にありながら、ブログやSNS等に投稿される機会も多く、ラーメンファンの注目を一身に集めていることがうかがえますね。

    kudou1521.jpg

    この日は週末に予定されていた臨時休業前日の夜にお邪魔しました。 あいにくの雨模様でしたが、夕飯どきを迎える頃には満席となる賑わいで、「特盛り」や「でらっくす」など、銘々にお好みの品を楽しまれていました。 



    辛しつけ麺 並盛り (※味玉サービスです)
    850円

    kudou1522.jpg

    今回は煮干し系ではない標準仕様のつけ麺を所望しました。 事前にお聞きしたところでは、開店当初よりも更に味に磨きが掛けられているとのことで、その進化ぶりに期待しながら頂いてみました。

    kudou1526.jpg

    つけ汁は豚骨や鶏などの動物系をしっかりと乳化させて、鯖節や宗田鰹などの魚介も合わせます。 十数時間という長い時間をかけて炊き上げるベーススープは旨味の凝縮感に満ち溢れ、それに加えて分厚いラード油膜が更なる力強さを与えています。 甘味や辛味、酸味といったアクセントは穏やかなので、卓上調味料でカスタマイズするのも自由自在ですが、それに頼らなくとも何ら不足を感じさせないほど旨味の底力が増しているように思いました。

    kudou1524.jpg

    チャーシューは豪勢な炙りチャーシューです。  むっちりした食感、脂質の甘さ、適度な味入れに焼き目の香ばしさがプラスされる贅沢品。 そのまま頂いてもヨシ、つけ汁に浸してもまたヨシです♪

    存在感のある極太メンマもコリコリの歯触りで食感のアクセントになり、那須御養卵を使った味玉にも食材の良さを引き出す匠の技が冴え渡っています。

    kudou1525.jpg

    “ カスタマイズしなくても・・・ ” なんて言いながら、ちゃっかり辛し付きオーダーしてるんですよねw( ̄▽ ̄;)w 天栄村産のネオアースなる玉ねぎをベースに作られる工藤さんご自慢の味変アイテムになりますが、唐辛子系のHOTな辛みのみならず、種々の食材からなる複雑な旨味でお品の美味しさを引き立ててくれます。

    kudou1523.jpg

    極太麺は数種類の小麦をブレンドする自家製麺。 見るからに瑞々しくて、艶やかで、口にする前からその美味しさが予見できてしまいますね(〃▽〃)

    kudou1527.jpg

    麺は多加水ならではのモチモチした食感もありながら、ぷちんと噛み切れる歯切れの良さ。 つけ汁の絡みも言うことありませんし、自家製麺の存在意義を伝えるような豊かな小麦の香りにも心奪われます♪ 並盛りは茹で前250gで一般的な麺量だと思いますが、たった50円プラスするだけで400gの大盛りも選べてしまうのが悩ましいところですね~( ̄▽ ̄i)ゝ

    開店当初から新店とは思えない充実のクオリティでしたが、より一層のレベルアップを遂げていました。 

    kudou1531.jpg

    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』のメンバー店として、『東京ラーメンショー2015』に参加されます。 お出掛けの際は臨時休業にご注意ください。

    最後になりますが、10月10日から新メニューの塩ラーメンがお目見えしています。 こちらは1日20食の限定品ですが、スープ、麺、トッピングともに、既存メニューとはまた違うアプローチで仕上げられているようです。 こちらもどうぞお楽しみくださいヽ( ̄▽ ̄)ノ 

    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2015/10/11 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/480-7e2dd6cc
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)