02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

    麺処 あんかつ 

    2週間前にお邪魔したばかりですが、ふたたび夜の部の暖簾を潜った『麺処 あんかつ』さんです。
    秘密裏に新作の開発が進められてる噂は届いていましたが、前回私がお邪魔した直後にひっそりとリリースされてたんですよね~w( ̄▽ ̄;)w

    ankatsu1602.jpg

    その新作とは他でもない、『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』のメンバー店にのみ提供が許される “ 福島鶏白湯 ” です。 伊達鶏、会津地鶏、川俣シャモの “ 福島三大鶏 ” を用いることを定義としていますが、その三種をどれくらいの比率でブレンドさせるか、どの部位をどれくらい使用するか、どれだけの時間を炊くかなどなど、仕立て方は各店の自由とされています。

    つまり、同じ食材を用いた鶏白湯ラーメンでも、お店ごとの個性やセンスを楽しめるってことになりますね。 ってことで、五番目にあたる福島鶏白湯を楽しませてもらいましょう。   


    福島鶏白湯 あんかつver.
    800円

    ankatsu1598.jpg

    載せモノもなかなかの盛り沢山で見どころたっぷりですね♪ 三大鶏を贅沢に炊いたスープは微乳化タイプ。 『あんかつ』さんらしい軽やかでスマートな味わいで、クリーミーな舌触りも感じさせます。 塩味仕立てとされることで、シンプルかつストレートに鶏の旨味を楽しませてくれますね。 

    ankatsu1600.jpg

    ビジュアル的には極太メンマの下に這わされる小松菜が特徴的かと思います。 瑞々しさと彩りで目でも舌でも楽しませてくれますが、ラーメンにはちょっと珍しい食材ですよね。 実はご店主の修行先『麺や うから家から』さんがラーメンに小松菜を添えていたことがあって、そのオマージュなんだそうです(〃▽〃)

    削ぎ切りされた白ネギも水に晒して辛み抜きするなど、味への配慮は細部にまで及びます。

    ankatsu1599.jpg

    ハイライトは豚バラ肉チャーシューと、鶏胸肉の真空低温調理チャーシューでしょう。 鶏チャーシューはしっとりジューシーな食感で、ほどよい塩気が肉の旨味を引き立てています。 豚バラチャーシューも名店仕込みの美味しさが冴え渡り、噛む必要がないくらいの柔らかさ。 鶏挽き肉はスープとの親和性も高く、鶏の旨味を増長させてくれるように思います。

    ankatsu1601.jpg

    麺は醤油ラーと同じもので、国産小麦に全粒粉ブレンドした中細ストレート麺。 しなかやでありながら張りのある食感も感じられ、小麦の風味も豊かな香り立ちです。 スープの絡みにも優れていて、まるでこのラーメンの為に誂えたかのような相性の良さですΨ( ̄∀ ̄)Ψ

    油膜のオイリーさはあまり感じられません。 鶏油などで旨味・風味を押し上げるのではなく、ひたすら純潔に鶏のピュアな旨味で勝負に出た!って感じでしょうか。 クドさやクセもなく、初めて鶏白湯ラーメンを召し上がる方でもすんなりと受け入れてもらえそうな優しさに溢れた一杯です。 これもまた一つの味の個性ですよね。

    新たな “ 福島鶏白湯 ” のエントリーで、ますます盛り上がることでしょう♪

    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/10/17 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    今日、ようやく食べて来ました(o^-^o) まさにレポートの通り! さすが!(>▽<)b

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2015/11/08 21:57 * edit *

    無芸大食さん

    お召し上がり頂けたのですね♪
    趣向を凝らした様々な鶏白湯ラーメンを頂ける私たちは、本当に幸せ者だなって思います( 〃▽〃)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2015/11/09 22:31 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/483-0953d4ca
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)