09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    麺処 若武者 

    この日はSNSでゲリラ限定の告知があり、何とか時間に都合を付けて『麺処 若武者』さんに急行しました。 

    wakamusya1742.jpg

    今回の限定は高宮店長のプロデュースで、東京の『鯛塩そば 灯花』さんのインスパイアだそうです。 『灯花』さんと言えば、奇しくも今年8月から9月にかけて催された、『第七回 最強の次世代ラーメン決定戦』でトップ争いをしたお店です。  『2015-2016 TRY新人賞』のしお部門2位にランクインされる実力店の味をどのように表現されているのかも楽しみの一つでした。


    10食限定・僕の鯛塩そば (現在は提供終了)
    780円

    wakamusya1737.jpg

    ヴィジュアルはオリジナルを意識させるものではなく、あくまでも『若武者』さんの流儀に則ったスタイルですね。 丼から立ち昇ってくる香りは、まさに鮮魚出汁を感じさせる芳醇なフレイヴァーが満ち溢れています。 鯛干しを使って炊き上げたスープはうっすらと濁りが見られますが、生臭みなどは全く感じられず、和食料理にも通ずるような上品な旨味です。 

    塩ダレにはハワイアンソルトなる天然塩を使っているそうで、穏やかで円やかな塩味が品の良さを更に際立たせていました。

    wakamusya1738.jpg

    チャーシューは、こちらではちょいと珍しい低温調理タイプの豚モモ肉が載せられ、モモ肉とは思えない柔らかな食感とジューシーさで豚肉の美味しさを楽しませてくれます。 白髪ネギの上には少量の柚子皮もあしらわれていて、爽やかなアクセントで一服の清涼感をもたらしていました。

    半味玉や、大ぶりな穂先メンマなど、載せモノの充実ぶりも満足です♪

    wakamusya1739.jpg

    麺は京都の老舗製麺所『麺屋 棣鄂』さんの中細ストレート麺。 低加水系のぷつっとした歯切れの良さ、流れるようにしなやかな啜り心地、滑らかな喉越しなど、相変わらず高品位なクオリティです。 スープの持ち上げにも優れているのも勿論のこと、繊細で優美な美味しさにそっと寄り添うような相性の良さも見逃せません。

    同じお店のラーメンでも山本店主作とは明らかに異なるセンスを感じさせる一杯で、鮮魚出汁を見事に活かした味わいに仕立てられていました。 県内では数少ない鮮魚系ですが、また機会があったら頂いてみたいものです♪


    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2015/11/23 Mon. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/496-b059f610
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。