05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    麺処 あんかつ 

    2015年を締め括る最後の一杯は、『麺処 あんかつ』さんで頂いてきました。 
    私がお店に到着したのは14時過ぎでしたが、この時間になってもお客様が外で順番待ちされる盛況ぶりでした。 大繁盛で何よりです♪

    ankatsu1892.jpg

    安斎店主は『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』が出店する今年最後のイベントとして、『ラーメンEXPO 2015 IN 万博公園』に遠征されてきました。 『自家製麺 工藤』さんの工藤店主とともに、東京、宮城、博多、大阪をわずか2ヶ月ほどの間に転戦される過密スケジュールをこなして、立派にその使命を果たしてこられました。 

    今年6月のオープン以来、人気店としての知名度を着々と上げておられますが、来年以降のご活躍にも大いに期待しております。


    鶏豚つけ麺 (並盛り)
    800円

    ankatsu1894.jpg

    今年最後の一杯は、久しぶりのつけ麺で〆てみました。 派手さこそありませんが、安斎さんの真面目さがうかがい知れるような端正なつけ麺です。

    ankatsu1895.jpg

    つけ汁は丸鶏ベースに、モミジや豚足を炊いた白湯仕立て。節系の魚介テイストもバランス良く合わせられています。ほんの少し辛味もありますが、メインのアクセントになるのは程よい酸味で、ハッキリと分かるような甘味は加えていないようです。

    動物系の凝縮された旨味は濃厚ですが、旨味調味料に頼らない味決めの為、すっきりとした軽快な後味が特徴的ですね。

    ankatsu1896.jpg

    つけ汁の中にはブロック状に切り出された豚バラチャーシューが幾つも沈んでいて、このチャーシューがめっちゃ柔らかくて美味なのですが、そのうえにご覧の低温調理されたモモチャーシューも添えられてますから、肉食った満足感も跳ね上がります。

    ankatsu1897.jpg

    麺は多加水の極太ストレート麺。 むちっとした弾力感でインパクトを与えれくれますが、粗野な印象は受けません。 個性的ではないかもしれませんが、『あんかつ』さんらしいスマートな味わいにマッチする麺だと思います。

    ankatsu1898.jpg

    つけ汁の絡みはナチュラルなもので、浸せばその熱で若干しなやかさが増しますが、大きくその印象を変えるようなことはないと思います。 ここに郡山の某自家製麺が合わせられたら・・・なんて勝手な妄想に耽って0みたりして( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ

    リリース直後に頂いた時よりも酸味の効かせ方が適正化され、更には魚介の押しの強さも得ているようで、格段に進化した美味しさに仕上がっていました。

    私が座ったカウンター席の両隣の先客様は「塩ラーメン」をお召し上がりでしたが、そこから漂ってくる芳醇な味香はちょっとヤバいくらいでしたw( ̄▽ ̄;)w 見た目からしてもスープがバージョンアップしているようにお見受けしましたが、果たして真相や如何に( *´艸`)
    年が明けたら、再確認しに行こうと思っています♪

    ankatsu1893.jpg

    最後に年末年始の営業情報を掲載しておきます。 本日から1月3日までお休みを頂き、年明けは4日から通常営業されるそうです。 




    2015年も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございました。
    皆様が清々しい新年を迎えられますことをご祈念いたしまして、今年最後の記事を締めさせて頂きます。
    来年もどうかご愛顧のほど宜しくお願い致します。



    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2015/12/31 Thu. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/508-01b03a53
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)