07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    自家製麺 うろた 

    先月末オープンの注目の新店、『自家製麺 うろた』さんに再訪問しました。 県内のファンのみならず、県外からリピートされるお客様も多いようで、こちらのお店に対する期待の大きさがうかがい知れますね。

    urota2015.jpg

    日曜日の開店間もない時間に到着しましたが、ご覧の通りの行列です。 この日も絶えず10名ほどの並びが発生していましたが、オープンからほんの数週間ほどで見違えるように回転が良くなっていて、列の最後尾に加わってから入店~お品の配膳までにかかった時間はわずか30分程でした。 

    人気店であれば行列は避けて通ることの出来ないある種のハードルとも言えますが、この程度なら許容範囲内ではないかと思います。 

    さて、今回は、ちょっと余所ではお目に掛かれないような個性派な一品を頂いてみました。


    塩魚汁(しょっつる)そば
    750円

    urota2024.jpg

    ベーススープは鶏出汁に瀬戸内産の煮干しやいりこなどの乾物をブレンドし、カエシは鮎で作った魚醤、はたはたで作ったしょっつるを合せているそうです。

    鶏出汁の旨味は贅沢なほどに豊潤ですが、魚介の風味は以外にも繊細です。 どこか香ばしいテイストも感じられたような気もしますが、何に由来するものなのかは定かではありません。 醤油の風味は極めて穏やかで、塩味も角を立たせない円やかさ。 やや琥珀色がかった塩ラーメンと言われても違和感を覚えないような端麗仕立てに仕上げられています。

    urota2025.jpg

    ドルチェポルコ豚の低温調理チャーシューは、やっぱり文句なしに美味! ほんのりと甘みもあり、淡雪の如くふわっと口の中で溶けていくような感覚は、今までに食したどのチャーシューにも当てはまらない食感。 その下には炙り豚バラチャーシューも隠れていたりして、ちょっと嬉しいサプライズ。

    柔らかい無漂泊穂先メンマは大ぶりで食べ応えアリ♪

    urota2020.jpg

    爽やかな香りの三つ葉、レッドポアロなる赤ネギの薬味も効果的に働いています。 そうそう、黄色い粉末状のものが振り撒かれていますが、「サルディーニャボッタルガ」なるイタリア産のカラスミだそうです。 このカラスミが載ることでラーメンの味にどのような作用をもたらすのかは分かりませんが、ラーメンにはかなり珍しいアイテムであることに間違いはないですよね。

    urota2021.jpg

    国産小麦に石臼挽きの全粒粉をブレンドする低加水細ストレート麺は、ザクッとした小気味良い歯触り。 しかも食べ終えるまでこの食感は見事にキープされているのも特筆もの。 スープの絡みも優秀ですし、麺そのもののポテンシャルの高さを感じられると思います。


    草めし
    450円

    urota2022.jpg

    ネーミングがアレですが、見た目は今トレンドの “ メイソンジャーサラダ ” にも見えなくもないオサレな一品ですね。 ソースは後掛けで、櫛切りレモンまで添えられる念の入れようです。 

    urota2023.jpg

    ガラス容器の最下層にはライスが盛られていて、その上にプチトマトと自家製タルタルソースが掛けられた炙りチャーシューが並べられています。 最上部にはベビーリーフがたっぷり載せられ、そこに先ほどの別添えソースを掛けて混ぜて頂くってわけですね。 炙りチャーシューの香ばしさとタルタルソースの濃厚さが良く合い、適度な酸味のあるドレッシングタイプの後掛けソースはベビーリーフ、ミニトマトの生野菜と相性抜群。 

    結構なボリュームがあるので、ラーメンと一緒に頂くとかなりの満腹感を味わえると思います。 メインキャストにも成り得るような満足度の高い品ですね。


    5種の貝出汁そば
    750円

    urota2016.jpg

    この日はかみさんも同伴だったので、こちらをお勧めしておきました(・ω・)ノ 

    こちらは貝出汁を効かせたスープと、鶏ベースのスープをブレンドして、そこに昆布、椎茸などの乾物系を使ったカエシを重ねているそうです。 ハマグリやシジミなど5種類もの貝の旨味を重ねてはいますが、その旨味はあくまでも繊細で滋味に満ちた味わい。  “ 貝出汁そば ” ですから、貝の旨味が先行するのは当然のことながら、下支えする鶏出汁と巧みにバランスさせるところにこの一杯の最大の魅力があると思います。  

    urota2017.jpg

    ドルチェポルコ豚の低温調理チャーシューと穂先メンマは共通ですが、三つ葉の代わりにサラダほうれん草があしらわれています。 こちらにも一風変わったレアなアイテムが搭載されていて、特注で誂えた豚の燻製背脂がトッピング。 適度なスモーキーフレイヴァーの奥から背脂の甘みがじわっと溶け出してくる感覚で、スープと一緒に口にしてみると個性的な味のアクセントになってくれました。 

    どのラーメンも非常にクオリティが高く、お品選びに迷ってしまうような逸品揃いですが、先ごろ「油そば」が4種類加わった模様。 今後もさらに新メニューが追加されるようで、ますますラインナップの拡充が図られていくと思われます。  


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2016/01/31 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    僕も先日嫁さんと「初訪問」してまいりました♪ ヾ(>▽<)o
    『うろた』さん、大袈裟かもしれませんが、僕が今まで感じたことのない衝撃を受けました☆
    「お味」はもとより、見た目の美しさや「お店」の雰囲気等など、群を抜いている印象を受けましたね☆

    のんびりっち #- | URL
    2016/01/31 11:27 * edit *

    のんびりっちさん

    いえ、大袈裟ではなく、江南さんの類い稀なるセンスをひしひしと感じさせるラーメンだと思いました。

    『うろた』さんの誕生で、福島市内の勢力バランスがまた変わるのではないでしょうか。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2016/01/31 19:08 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/518-55a328dd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)