08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    福味食堂 

    期せずしてお休みとなったとある平日のこと、2ヵ月ぶりに『福味食堂』さんの暖簾を潜りました。 ランチ訪問に適しているのは近隣オフィスが休みになる土曜日だと分かってはいても、一旦入ってしまったスイッチはそう簡単に元には戻せません( *´艸`)

    fukumi2005.jpg

    以前から気になっていたお品の開拓を進めるか、印象に残る美味しさだった一品にリピートするかで悩んだ末、両方一緒に頼んじゃえば一気に解決ってことで、ちょっとだけ冒険してみることにしました( *´艸`)


    塩タンメン+ミニ煮込みカツ丼
    650円+450円

    fukumi2006.jpg

    画像では大きさが伝わらないとは思いますが、店員さんから手渡されたお盆が超重量級の重さだったのは言うまでもありません(; ・`д・´) もともとボリュームに定評のあるこちらでサイドメニューを追加することなど、暴挙以外の何物でもないことをこの後思い知られることになりますΨ( ̄∀ ̄)Ψ

    fukumi2007.jpg

    まずタンメンですが、丼サイズこそ標準サイズですが、野菜の盛りの良さはさすがです。 モヤシ、キャベツ、ニンジン、タマネギ、ニラ、キクラゲなど多様な野菜に、豚こまも投じられていて旨味の底上げに貢献しています。

    fukumi2010.jpg

    野菜はしんなりと柔らかくも適度に食感が残された絶妙の火通し加減。 しっかりと炊かれたベーススープで煮炒めされたお野菜が美味しくない訳がありません♪ スープはそれら野菜の旨味・甘味と、ほど良い塩気がバランス良く重なり、ほんのり香るゴマ油がアクセントになっています。 

    fukumi2011.jpg

    麺は平打ちの中太多加水麺。 ひらひらっとした実に特徴的な啜り心地で、食感は多加水ならではのもっちりした歯応えです。 麺量は150g程度と思われますが、豊富な野菜と合いまったボリュームは、やっぱり侮れないレベルです。

    端麗塩仕立てらしいシンプルな味わいながら、老舗らしい懐の深さも感じさせるようなタンメンだと思いました。

    fukumi2008.jpg

    ラーメンのお供に添えたミニサイズのかつ丼ですが、いったいこれのどこがミニなんでしょう。 ライスの盛りはそれ相応ながら、豚カツは軽く100g以上はある筈で、そこらの食堂なら十分に一人前として通用するような量です。

    fukumi2009.jpg

    丼つゆはほど良い甘じょっぱさで、最後まで塩辛さを感じさせない味付けに品の良さがあります。 豚肉には脂身も残されていますし、肉喰らった満足感はハーフサイズでも存分に楽しめてしまうのです♪

    この2品だけでも完食に手こずるほどのボリュームなんですが、今日は更に一品・・・。


    醤油ラーメン

    fukumi2012.jpg

    近ごろまたまた進化したという正油ラーメンのお味見をさせて頂いてしまいました( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ もう、丼に顔を近付けただけでどれくらい味が変化したのか嗅ぎ取れてしまいそうな香気を漂わせています。 

    ベーススープや醤油ダレはそのままに、煮干しのテイストをがっちりと重ね合わせ、まるで煮干しラーメンと言ってしまっても差し支えないような、華やかな極旨ニボテイストがそこにありました(;゚Д゚) 魚粉などは用いていないので粉っぽさを感ずることもなく、エグ味などもありません。 ラーメン専門店さんも尻尾を巻いて逃げ出すくらいのハイクオリティにぶったまげました!! 

    昔懐かしい中華そばの趣きとは一線を画すような味に大きく路線変更していました。

    fukumi2013.jpg

    チャーシューは豪勢にバラロールタイプを標準装備。 ぷるぷるっと柔らかな食感を伴って脂質が溶けだし、品の良い甘みと豚肉の旨味が口の中に広がります。 チャーシューは従来から折り紙付きの美味しさですが、スープの味わいが変わったことで、心なしかその魅力も増していたように感じられました。 

    fukumi2014.jpg

    麺には変更はありません。 多加水の中細麺で、ごく緩いウェーブが掛けられています。 ぷりっとした弾力があってスープの絡みも充分です。 個性を訴えかけるような麺でこそないものの、何ら不足を感ずることはないでしょう。 普通盛りでも麺量豊富ですから、少食な方は大盛りコールは避けた方が無難です。

    味の好みは人ぞれぞれですから、ご常連さんの反応も賛否両論あるそうですが、煮干し好き・魚介好きなら感涙モノだと思いますし、今どきのラーメンとしても通用するような一杯にラーメンフリークも驚くこと間違いナシでしょう。 

    店主・遠藤さんの底力、恐るべし! それにしても、食べ過ぎました・・・( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ


    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2016/02/06 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    自分も先日伺いました。
    ほんと、爆盛りに目を奪われますが
    麺類も美味しい♪
    でもソレは食べ過ぎでしょう笑

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2016/02/08 08:39 * edit *

    maxmaxさん

    やっぱりハーフ&ハーフが手頃で良いですね( ̄▽ ̄;)

    さすがにお腹がはち切れそうでしたが、醤油ラーメンの進化ぶりは、ちょっと驚くほどでした。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2016/02/09 22:52 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/520-7407ce6a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。