05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    手打中華 トクちゃんらーめん 

    郡山のラーメンを語る上で外すことの出来ない名店『手打ち中華 トクちゃんらーめん』さんを訪問しました。 

    ラーメンに目覚めた頃に一度だけお邪魔していますが、個人的に “ 行列の出来るラーメン店 ” というものを初めて目の当たりにしたのがこちらのお店だったように記憶しています。 行列店の味に大きな期待を抱いて暖簾を潜ったのでした。

    tokuchan2052.jpg

    実際にラーメンを頂いた感想を言わせて頂きますと、これといった突出したものが感じられず、それほど良い印象を受けなったというのが正直なところです。 期待を満たしてくれるような、心に響くラーメンには思えなかったんですね( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ 当時の自分に正当な評価軸が備わっていなかったせいだと思うのですが、今なら本質的な魅力を理解出来るのではないかと考え改めて再訪問してみました。 

    テーブル席と小上がりで構成される客間は以前のままでしたが、お客さんが直接触れるテーブルや椅子は言うまでもなく、柱や窓ガラスまでも丁寧に磨き上げられ、手入れの行き届いた美しさにとても感心させられました。 


    トクちゃんらーめん
    700円

    tokuchan2053.jpg

    日本におけるラーメンの祖と言える『来々軒』さんの一杯を礎とした東京醤油ラーメンをベースに、店主・小島さんの独自の解釈が加えられた基本の一杯です。

    スープは動物系に豚ゲンコツと三種類の地鶏を、魚介は煮干し、鰹節、昆布など、数十種類にのぼる食材を複雑に重ね合わせているそうです。 それら多岐にわたる食材を炊き合わせた証しなのか、スープには若干の濁りが見られますね。

    tokuchan2054.jpg

    厚みを持たせてスライスされたチャーシューは肩ロース部位でしょうか。 適度に肉々しい食感も残しつつ、ふっくらした柔らかさに仕上げられています。 醤油味の染み込みもほど良く、このラーメンの満足感を大いに高めてくれる一品です。 

    その他は、青菜、ナルト、海苔、刻みネギの定番ラインナップが揃いますが、決してクラシカルなだけで終わらせない見た目の充実感はさすがです。

    tokuchan2055.jpg

    自家製麺は多加水の平打ち中太麺。 ひらひらした啜り心地でスープを持ち上げて、軽快に唇を震わせてくれます。 食べ始めはもちっとした弾力よりもやや硬質的な歯応えが特徴的に思えましたが、次第にしなやかさが増してくるにつれ、麺そのもののポテンシャルに気付かされました。

    先述の通り、豊富な厳選食材を巧みに調和させますが、鰹節や煮干しの魚介系の味香はノスタルジーでもあり、以前どこかで食べたことがあるような既視感を覚えるのですが、贅沢過ぎるほどリッチな動物系の旨味がより現代的な味わいに昇華させているのではないでしょうか。 

    もちろん、新進気鋭のお店が作る今時のラーメンとは趣が異なります。 かといって頑なに懐古主義を貫いているわけでもない。 なんと言いますか、言葉で特徴を言い表すのが難しいラーメンではないでしょうか。

    それはともかく、名店の魅力を理解出来たことは、素直に嬉しいことでした♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ


    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2016/02/12 Fri. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    こんにちは(´ー`)

    いつも楽しく拝見しております。
    おそらく初コメントではないかと思います。

    『それほど良い印象を受けなかった』との感想…
    全く同感であります。

    私も初詣後に久しぶりに
    中華そばを頂いたのですが
    以前と比べて
    物足りなさを感じました…

    ダービーウィーク #- | URL
    2016/02/12 11:14 * edit *

    ダービーウィークさん

    あっちの方ではいつもお世話になっております。
    当ブログへのコメントを頂きまして、ありがとうございます♪

    私の言葉足らずで誤解を招いてしまったかもしれませんが、実に10年以上ぶりに再訪して、初回の印象が大きく変わりました。

    インパクトや今時らしさ、派手さなどは無いかもしれませんが、郡山ラーメン界の重鎮としての存在価値を見出すことが出来たように思います。

    時代と共にラーメンの味が変化するのことは決して珍しいことではないですし、食べ手の味覚や好みも年齢や経験を重ねることでインプレッションが変わることもありますよね(^_-) 

    少なくともリピートに繋がる確かな魅力は感じられました。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2016/02/13 21:10 * edit *

    たしかに最近の傾向からすればクラシカルな
    ラーメンですね。プラマイゼロの安心感が好きです笑。

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2016/02/15 14:34 * edit *

    maxmaxさん

    maxmaxさんは、こちらの常連さんでしたもんね(* ̄∇ ̄)ノ

    あれこれリピートさせてもらって魅力を掘り下げてみようと思ってます♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2016/02/15 21:25 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/522-f9e2b31a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)