10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    竹本商店☆つけ麺開拓舎 仙台泉店 

    この日は、長女の進級に伴う引越しで仙台を訪れていました。 慣れない荷造り作業も3人掛かりでどうにか終わらせ、パンパンに荷物を積載した車に乗り込み『竹本商店☆つけ麺開拓舎 仙台泉店』さんに向かいました。 

    地下鉄仙台泉中央駅の近隣繁華街から少し離れた住宅地にあって、オープンされたのは、たしか昨年の夏頃だったと思います。 店前を車で通る度に気になっていたのですが、ようやく入店が叶いましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 

    本店は秋田市ですが、宮城、岩手、北海道などにも進出されており、またお取り寄せラーメンの通販も手掛けられ、じわじわとその勢力を拡大している気鋭の人気店です。 全国屈指の人気店が集まるつけ麺の祭典 『大つけ麺博』にもご出店されていますから、その実力は推して知るべしといったところでしょう。

    takemoto2149.jpg

    お昼時の真っ只中とあって店舗併設の駐車場は満車でしたが、運良く入れ替わりで空きを確保することが出来て、店内のオペレーションもスムーズに進行されているおかげで少ない待ち時間で席に案内して頂けました♪

    メニューの方は、お店の看板商品・伊勢海老を使ったつけ麺を筆頭に、数種類のつけ麺がラインナップ。 載せモノや〆に頂くご飯モノも充実していて、種類は少ないながらラーメンも用意されていました。



    すごい!ウニつけ麺 (並盛)
    980円

    takemoto2175.jpg

    初訪なら看板メニューを頂くのがセオリーでしょうが、お品書きを見てたらこっちに魅かれちゃいました♪ ウニ大好物なんですよね~Ψ( ̄∀ ̄)Ψ

    takemoto2176.jpg

    つけ汁は伊勢海老スープでウニを炊き込んだものだそうですが、動物系は豚骨白湯スープがベースのようです。 いわゆるドロポタ系のような濃厚仕立てで、酒蒸しや焙煎することで高めた伊勢海老の旨味と香ばしさは圧巻です。 主役であるウニの風味もしっかりと抽出されていて、凝縮された旨味のせめぎ合いが強烈なインパクトをもたらしています。

    takemoto2177.jpg

    載せモノにもかなりこだわっているようで、ご覧のチャーシューは鴨肉を使用しています。 肉の旨味は濃厚で、まぶされた粗挽き胡椒のスパイシーさがその旨味を巧く引き立てているのですが、なぜに鴨肉なのかはちょっと不明w( ̄▽ ̄;)w ボイルしたほうれん草やカイワレは味覚を軽くリセットしてくれるアイテムで、こちらは良い配役だと思います。

    takemoto2178.jpg

    載せモノのハイライトは何といってもウニですよね♪ 贅沢にも生ウニを載せてくれちゃってて、ウニ好きの心を鷲掴みしてくれます。 これをどうやって頂こうかと熟考した末、右奥にある山葵を添えてそのまま食べちゃいました( *´艸`)  

    takemoto2182.jpg

    多加水の極太麵は自家製麺とのこと。 歯を押し返してくるような弾力に富んだ噛み応えで、ぷつんと噛み切れる歯切れの良さもあります。 そのまま啜ってみると麺自体にウニの存在を感じることができます。 表面に艶が見て取れると思いますが、ウニの風味を纏わせたオイルでコーティングしているのでしょうか。 先述した山葵は味変アイテムとしてつけ汁に溶くように店員さんから説明がありましたが、麺に直接まぶしたほうがウニの美味しさを際立たせてくれるように感じました。  

    takemoto2180.jpg

    粘性があるつけ汁の絡みは抜群です。 熱々のつけ汁に潜らせても食感の変化は微細なものながら、麺とつけ汁それぞれのウニテイストが重なることで、相乗効果的にウニの味わいは高まります。 塩分濃度がやや高めなので、後半にかけて少し塩辛い印象も無きにしもあらずですが、実はまだ最後のお楽しみが残っています♪


    専用あとめし ウニ飯
    300円

    takemoto2179.jpg

    最後につけ汁にご飯を入れて〆ることを推奨しているようで、本品にも専用の “ あとめし ” が用意されていました。 ご飯の盛りはかなり控えめながら、最後までウニ尽くしを楽しませてくれますよ。

    takemoto2181.jpg

    麺も良いですが白飯との相性ももちろん良いです♪ ちょっと贅沢なランチになってしまいましたが、頑張った自分へのご褒美だと思えばお安いもんですΨ( ̄∀ ̄)Ψ

    普通のつけ麺じゃ物足りない、一風変わったつけ麺を食べてみたいって方に喜ばれそうな個性派つけ麺でした。


      
    関連記事

    category: 宮城県

    Posted on 2016/03/10 Thu. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/531-dde8287e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。