05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    たなつものSHOKUDOU 

    昨年暮れの忘年会以来になる『たなつものSHOKUDOU』さんでランチしてきました。 お昼時真っ只中の店内は、私以外は全員女性客で埋め尽くされオッサンにはちょっとアウェイな感じでしたが、今ではそんなことなど気にも留めませんΨ( ̄∀ ̄)Ψ

    tanatsumono2207.jpg

    秋冬限定メニューとして用意されている4種類の麺メニューから、久しぶりに「味噌ヤンローそば」を頂こうと思い注文したところ、この日はオーダーストップとのこと。 二者択一でどちらにしようか迷った別の一杯に変更することにしました。


    福島鶏白湯
    950円

    tanatsumono2214.jpg

    福島の新ご当地ラーメンとして全国でも知名度を上げてきている福島鶏白湯ですが、こちらの一杯はラーメンの領域を超えるような洗練されたスタイルが特徴的です。

    tanatsumono2215.jpg

    黄金色に美しく輝く鶏白湯スープは、放っておくとたちまち薄膜が張るほどコラーゲン質をたっぷり含んでいます。 とろっとクリーミーな舌触りを感ずるほど濃厚でありながら、クセや臭みなどのネガティブな要素は微塵も感じさせません。 塩味も穏やかなので口当たりも殊の外に柔らかく、完全無化調のすっきりとした味わいは実にエレガントです。

    tanatsumono2217.jpg

    スープに浮かべられる具材は、鶏もも肉と削ぎ切りされた長ネギのみのシンプルさ。 鶏もも肉は鶏白湯との旨味の統一感にも優れ、ふっくら柔らかくジューシーに仕上げられています。 長ネギはスープで温められ糖度が増し、驚くべき甘みが引き出されています。 もう、このままスウィーツにでも転用できるんじゃいないかってほどの甘さです♪

    tanatsumono2216.jpg

    付け合わせとして別皿で供されるのは、豆もやし、穂先メンマ、クレソン、ご厚意で載せて頂いた双子ちゃんの半熟味玉、そしておにぎりです( *´艸`) ラーメンの器に移植するか、そのまま口直し的に別々に頂くかはお好み次第だと思いますが、おにぎりだけは最後の〆にキープしておくのが吉です♪

    tanatsumono2218.jpg

    麺はこちらの代名詞ともなった『佐藤養悦本舗』さんの稲庭熟成乾麺。 国産小麦に菜種油を配合した特注品で、生麺にはない歯応えが個性的です。 小麦の素晴らしい香り立ちは言うに及ばず、スープの持ち上げにも長けていて、唇を滑るように通り過ぎていくシルキーな食感が堪りません。

    tanatsumono2219.jpg

    最後のお楽しみは、残しておいたスープに先述のおにぎりをドボンして鶏白湯おじや。 海苔と鶏白湯の相性はやっぱりサイコー! 米粒を一つ一つサルベージするのももどかしく、両隣のオサレマダムの視線にも臆せず両手で丼を抱え、ずず~~っと汁完♪(〃▽〃)

    敢えてシンプルな味わいに誂えているのは、最大限に引き出した食材の良さを活かすためでしょう。 唯一無二のスタイリッシュな鶏白湯です。

    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2016/03/13 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    僕も先日食べてきました☆ (⌒▽⌒)
    ホント! 旨いですよねぇ〜♪

    『たなつもの』さんは、僕の場合「飲み会」帰りの「〆ラー」で伺うことが多いのですが…

    のんびりっち #- | URL
    2016/03/13 10:19 * edit *

    のんびりっちさん

    私も何度か飲みの〆にお邪魔したことありますが、贅沢な〆ラーになりますよね♪

    また機会を作らねば!(*´∀`)♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2016/03/14 21:35 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/532-3521ee43
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)