04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    福島鶏白湯専門店 ふくのとり 

    先月24日にオープンされた『麺処 若武者』さん気鋭のセカンドブランド、『福島鶏白湯専門店 ふくのとり』さんにようやくリピート出来ました。 毎週水曜日の限定営業とされているため、土日休みのサラリーマンにとってハードルは高いかもしれませんが、それをクリア出来たものにだけ許される幸福な一杯がここにあります(*´▽`*)

    fukunotori2234.jpg

    レギュラーメニューもまだコンプリートしていないのに、早くも限定品がリリースされていると聞き付け、押っ取り刀で駆け付けてみました。


    鶏台湾ラーメン (期間限定品)
    900円

    fukunotori2230.jpg

    いわゆる “ 名古屋めし ” の一つにも数えられる名古屋発祥のご当地ラーメン・台湾ラーメンを、鶏白湯スープに合わせてアレンジしたのがこちらになります。

    福島三大鶏を手間暇惜しまず丁寧に炊いたスープは、舌に纏わり付くようなとろみを感ずるほどの濃厚さ。 鶏のみでここまで濃厚に炊き上げるって、ちょっとあり得ないほどの大量の鶏を用いてるんですよね(; ・`д・´) 

    fukunotori2231.jpg

    台湾ラーメンになくてはならないのが、挽き肉を旨辛に味付けした “ 台湾ミンチ ” です。 豆板醤、甜麺醤、鷹の爪などで炒めた挽き肉が超絶美味!! これだけで白飯3杯はイケちゃうってくらいの濃厚にして絶妙な味付けです。 鶏白湯との相性もすこぶるよろしくて、レンゲを持つ手が止まらなくなるような文句なしの美味しさ!

    fukunotori2232.jpg


    台湾ミンチの縁を彩るように散らされたニラは生のもので、その風味は鮮烈。 辣油のHOTな辛味と相まって、ジャンキーテイストを訴えかけてきます。 ボイルモヤシも添えられていて、その瑞々しさで辛味を和らげてくれます。

    fukunotori2233.jpg

    低加水系の極細麺はしなやかな麺線でも張りがあって、ぷつぷつっと歯切れの良い食感。 辛味は鶏白湯と合わせられることで適度にマイルド化されているので、辛味耐性の弱い方でもなければ手こずることはないと思います。 

    最後の〆として追い飯するとさらに満足感が増すようですが、この日は諸事情あってご辞退いたしました( ̄▽ ̄i)ゝ 

    清湯スープをベースとする “ 若武者ver. ” の台湾ラーメンは本日20日までの提供されるようですが、水曜日限定の “ ふくのとりver. ” はメニュー落ちとなり、次の水曜日からは新しい限定品にスイッチされる模様。 鶏白湯に新たな価値観を付加した、魅惑の限定ラーメンにもご注目です。


    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2016/03/20 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    台湾ラーメン

    これまた、鶏白湯ベースの台湾とは惹かれますね。
    鶏白湯自体、旨味十分なんですが自分としては、
    辛みを欲します。

    今回、清湯スープで頂きましたが、辛みが際立ち
    最期の限定に満足できました。

    今年のラーショーも期待ですネ♪

    sachs #- | URL
    2016/03/21 19:43 * edit *

    sachs さん

    私は清湯の方は未食なんですが、どちらも甲乙付け難い魅力的なラーメンだったようですね♪

    次作も楽しみです。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2016/03/21 21:59 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/534-66c05642
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)