09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    オムテソン食堂 

    今月9日に福島市置賜町にオープンされた『オムテソン食堂』さんを訪問してきました。 
    『たなつものSHOKUDOU』、『中華蕎麦 こばや』さんを擁する “ たなつものグループ ” の系列店で、以前は夜のみ営業されていた『焼肉Cafe 長べぇ』さんが屋号も改め韓国料理店としてリニューアル。 お昼の部のみ雪濃湯(ソルロンタン)専門店としてランチ提供が開始されています。

    omuteson2275.jpg

    私はそもそも本場の韓国料理を頂いたことがありませんので、まずは「ソルロンタン」って何?って話しなんですが、牛肉や牛骨を炊いた白湯系のスープ料理なんですね。 このスープを基本として、ご飯と一緒に頂く「飯定食」と、スープに中華麺を合わせた「麺定食」がメニューの二本柱。 更にパンチャンと呼ばれるおかずが11品も提供され、韓国の食堂と同様のスタイルで食事が楽しめるってところもお店のウリかと思います。



    麺定食
    1000円

    omuteson2277.jpg

    ソルロンタンにラーメンを合わせるこちらのオリジナルを所望しました。 それにしても、この品数の豊富さはちょっと尋常じゃありませんよねw( ̄▽ ̄;)w

    omuteson2278.jpg

    スープは牛骨からしっかりと旨味を抽出するため、20時間も炊き上げると言います(゚д゚lll) 白濁とした見た目が濃厚そうにも見えても、基本はサラッとしていてクセや臭みは全くありません。 薄膜が生成されるほどコラーゲン質をたっぷりと含んでいるのが見て取れますね。 ソルロンタンは本場の味に倣い塩気なども控えめですが、後述するパンチャンを載せて味変させる楽しみもあります♪

    omuteson2279.jpg

    載せモノは牛肉と刻みネギと至ってシンプルですが、この牛肉が歯を必要としないくらいの驚くべき柔らかさ( *´艸`) ほほ肉とネックを用いているそうですが、口に入れた瞬間に牛肉の旨味が溢れ出し、それはもう至福のひとときが訪れます。 肉増しも可能なようなので、オプションで更なる愉悦を求めてみるのも宜しいかと♪

    omuteson2280.jpg

    麺は多加水の太縮れ麺。 この品専用に製麺される自家製麺とのこと。 ぶるぶるっと唇を軽く震わせる啜り心地に、もっちりと弾力に富んだ歯応え、つるっと滑らかな喉越しなど、どれを取っても文句なしの高品位なクオリティです。

    omuteson2276.jpg

    パンチャンはキムチ、カクテキ、ナムル、韓国海苔など、総勢11品目に及びます。 野菜は二本松市東和産の新鮮な食材を、すべてお店で無化調で自家調理されています。 キムチなどはソルロンタンとの相性を考慮して拵えているそうで、思わずテイクアウトしたくなりました。 食材にも調理にもこだわった、まさに贅沢の極みとも言える美味しさを、お代わり自由で楽しめるのは破格の大盤振る舞いと言えましょう(; ・`д・´)  

    オープン間もないこともあり、まだまだ世間に浸透していないようですが、ただ美味しいだけでなく栄養のバランスにも優れ、身体に優しい韓国料理の醍醐味を味わえる、福島ではちょっと珍しい新スタイルの食堂の誕生です。

    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2016/04/18 Mon. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/539-a8e812a4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。