02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

    龍上海 米沢店 

    山形県米沢市の『龍上海 米沢店』さんを久々に訪問してまいりました。 
    ブログでは初登場になりますが、過去に何度も暖簾を潜らせて頂いているお気に入りのお店です(〃▽〃)

    ryuusyanhai2456.jpg

    『龍上海』さんと言えば今さら言うまでもなく赤湯に本店を置き、山形県内に幾つも支店を出されている一大勢力ですが、『新横浜ラーメン博物館』へのご出店や、カップ麺やお土産ラーメンの販売など全国区レベルの有名店ですよね。 本店は現店舗に改装される前に伺ったきりになりますが、福島から最も至近距離にあるという立地と、本店よりもグッと待ち時間が少ないってところにも魅力を感じて、こちら米沢店を贔屓にさせて頂いておりました♪

    さて、今回なぜにこちらに出向いたかと言いますと、『龍上海』さんのカップ麺で辛味噌ラーメンに目覚めた次女の兼ねてからのリクエストでした。 3食入りのお土産ラーメンも実食していますが、一度お店の味を食べてみたかったんだそうです。

    そんな訳で一も二もなく伝家の宝刀・赤湯からみそラーメンを所望するつもりだったのですが、初めて目にした夏季限定メニューにグラッと心揺らいでしまいましたΨ( ̄∀ ̄)Ψ


    からみそ冷やし中華
    950円

    ryuusyanhai2457.jpg

    醤油味の冷やし中華もありますが、やっぱり心惹かれるのは辛味噌入りでしょう♪ なかなかボリューミーかつカラフルに盛り付けられた具材も見事ですが、青海苔がパラっと振りかけられてて、ビジュアル的にも龍上海スタイルが踏襲されているのがお分かり頂けると思います。

    ryuusyanhai2458.jpg

    錦糸卵、キュウリの細切り、紅生姜など、この辺りのセクションは冷やし中華には一般的な食材が敷かれています。 

    ryuusyanhai2460.jpg

    こちら側には輪切りのパイナップルとスライスされたチャーシューが鎮座しております。 缶詰ミカンや白桃を載せるお店もあったりしますが、私的に言わせてもらえば冷やし中華にフルーツは無くても大丈夫な派ですが、幼少の頃はこのパイナップルが大好きだったよな~なんて郷愁に浸ってみたり・・・w( ̄▽ ̄;)w 

    チャーシューは通常のラーメンに載せるものと同じものでしょうか。 冷えて白く凝固した脂身の部分が気になるって方もいらっしゃるかもしれませんが、チャーシューそのもののクオリティは悪くないと思います。

    ryuusyanhai2459.jpg

    画像には写っていませんが冷やしのタレには、角氷が幾つも沈んでいるのでキンキンに冷されて冷涼感たっぷり。 やや甘めの味噌ダレに酸味のアクセントを少し効かせていて、かすかに魚介風味もあったような気もします。 

    ニンニク風味がガッチリと効いたご覧の辛味噌玉を溶いていけば、冷たいながらにもちゃんと『龍上海』の味として成立させてしまうんですから、この味変アイテムの強大なインパクトとその底力を改めて思い知らされたような気がしました。  

    ryuusyanhai2461.jpg

    麺は多加水の中太縮れ麺は、やや平打ちで喜多方を彷彿とさせるフォルムですね。 冷水で洗い締めされた麺はしっかりとコシがあって、辛味を溶いてパンチ力の増したスープにも負けない存在感です。 混雑時は1ロット10杯以上とも言われる大量生産方式は、時に物議を醸したりもしますが、こちら米沢店の麺の茹で加減は至って良好だと思います。 

    暑いなか滝のような汗を流しながら熱々のからみそラーメンを頂くのも悪くないですが、これからの茹だるような季節にはうってつけの夏季メニューでした。 

    次女も念願の実店舗のラーメンに大満足してくれたようで、遥々連れて行った甲斐がありました♪
    関連記事

    category: 山形県

    Posted on 2016/07/11 Mon. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/560-8db5846c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)