07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    正月屋 

    郡山市桑野の「正月屋」です。
    震災後、比較的早い段階で昼の部の営業が始まっていた事はお聞きしていて、震災後の初ラーは是が非でもこちらで・・と決めていました。今回は初めて夜の部にお邪魔しました。


    P1000323(1).jpg


    先客さんはそこそこいらっしゃるものの、途切れる事無くお客さんが入店されるお昼時の慌しい雰囲気は感じられず、ゆったりと落ち着いたなかで食事を愉しまれていました。地震直後の厨房の惨状やその後の食材調達のご苦労など親方とお話させて頂きましたが、私の伺った4月1日の時点では「伊達鶏とろそば」と「温玉柚子つけ麺」の提供は休止されておりました。





    支那そば+半熟煮玉子
    650円+100円

    P1000324(1).jpg


    ただただ、これが食べたい一心でこちらの暖簾を潜ったのです。
    一見するとオーソドックスに感ずるも、素材から出るエキスを丁寧に抽出しブレンドバランスを緻密に計算することで複雑且つ優しい旨味が構築され、その旨味を油層に起因するコクが柔らかく包み込みます。今回供された一杯は少しばかり魚介出汁が前面に現れていたせいか、和の風味が若干強調されたような仕立て上がり。個人的には、このようなごく僅かな「味の揺らぎ」も堪らない魅力の一つになっています。


    P1000326(1).jpg


    ハーフカットされた半熟煮玉子の間にそっと添えられたカイワレがビジュアル的に正月屋らしさをアピール。写真は撮り損ねましたが、この日のロースチャーシューが秀逸。繊維質の柔らかさ、適度な脂身、味付け、すべて言うことなし。半熟煮玉子もメンマもいつも通りの素晴らしい出来栄えで迎えてくれます。



    P1000325(1).jpg


    自家製縮れ麺は豊かな小麦の風味を伝えながら、滑らかな舌触り、プリプリの食感、スープの絡みも大変良く、スープと麺が互いに支え合いながら相乗的美味さを醸成させています。



    震災以前と少しも変わらぬハイクオリティな支那そばに心底癒され、帰り際には親方から温かい励ましのお言葉も掛けて頂きました。
    出発点にして必ず立ち返らずにはいられない、私の食べ歩きの礎と言うべきお店です。


    P1000327(1).jpg







    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2011/04/06 Wed. 17:53  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    No title

    放射能の呪縛に遭遇しても、変わるものと変わらないもの・・・

    先日、有志と共にカップラーメン(米と野菜もともに)を避難場所に運びました。

    福島県民同士、無言で互いに涙にあふれました。

    浜通り、中通り、そして会津・・・ラーメンには図りきれない力があります。

    今後も世界中の皆様に福島のラーメンの素晴らしさを伝えてください。

    これ以上の言葉はないです。




    ヤス #- | URL
    2011/04/06 22:41 * edit *

    No title

    美味しいよねぇ~、美味しいよねぇ~♪ でも震災後、まだ暖簾を潜っていないんですぅ~(T△T)

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2011/04/07 14:34 * edit *

    ヤスさん

    相手を思いやる優しい心を持ち合わせているのが、福島県民の誇るべきところだと思います。そんな県民同士なら、何も語らずとも温かいお気持ちが十分に伝わったことでしょう。

    折角のお言葉ですが、拙ブログが何かに貢献出来るとは思えませんが、何らかの形で少しでもお役に立つ事があるのならば幸いです♪

    Iceman #- | URL
    2011/04/07 15:47 * edit *

    無芸大食さん

    お察しの通り、大変に美味しゅうございました(笑)
    私は昨年11月以来の訪問だったのですが、訪問するインターバルが空けば空くほど、その美味さが染み入ってくるような気がします。

    特に、今回の一杯は格別でした~~(と煽ってみるww)

    Iceman #- | URL
    2011/04/07 19:36 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/57-3a65ff18
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)