06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    東京ラーメンショー2016 

    先の日曜日のこと、全11日間にわたって駒沢オリンピック競技場で開催された『東京ラーメンショー2016』に行って参りました。 イベントは11月6日に閉幕していますが、例年の如く行ってきたって証拠として記事にしておこうと思いますΨ( ̄∀ ̄)Ψ

    torashow20162596.jpg

    夜明け前に福島を出発し羽生SAで休憩をはさみ、午前9時過ぎに会場到着。 澄み切った秋晴れの空に、綺麗に飾り付けされたラーメンブースが良く映えます。 そういえば毎年トラショーに行く日は、なぜかお天気に恵まれてます。 ご同行頂いてるメンバーに強力な晴れ男でもいるのでしょうか?ww 

    torashow20162597.jpg

    福島から4年連続で参加される『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』ですが、本年の参加メンバーは『麺屋 信成』の海野夫妻、『たなつものSHOKUDOU』の廣田氏、そして『麺処 若武者』の山本氏の4名。 全国のイベントを経験してきた百戦錬磨の幹部メンバーですね。

    開店準備を進めるメンバーとあれこれお話しさせていただきながら、ラーメン提供開始を待ちました。


    濃厚熟成味噌 福島鶏白湯+特製トッピング
    共通チケット(850円)+500円

    torashow20162598.jpg

    オプション満載の豪華版「特製トッピング」でオーダーしました。 ゴージャスな載せモノで視覚から、立ち昇ってくる鶏の香りで嗅覚からも訴えてくる伝家の宝刀・福島鶏白湯は、今春の『福島ラーメンショー』に続き味噌味ver.の出品です。

    torashow20162600.jpg

    載せモノは豚バラチャーシュー3枚、川俣シャモの鶏団子、だし巻き玉子、コーン、フライドオニオン、辛味挽き肉、ナルト、刻みネギと盛り沢山。 どれから頂こうか目移りしてしまいます。

    torashow20162599.jpg

    そんななかでも特に注目なのが、一味唐辛子で辛味を纏った挽き肉でしょう。 具材としても味変アイテムとしても実に的を得たトッピング。 辛さと挽き肉から出る肉の旨味が、スープに更なるエクストラをもたらしてくれました。

    torashow20162601.jpg

    チャーシューはエゴマ豚のバラ肉を使った大ぶりなもので、ほんのり染み入った醤油ダレの風味が口に広がります。 柔らかな食感、脂質の上品な甘みなど、福島が誇るブランド豚のポテンシャルを存分に活かしています。

    torashow20162602.jpg

    多加水の中太縮れ麺は滑らかで、モチモチとした弾力感に富んだ噛み応えはインパクトあり。 近年のラーメンイベントでは茹で時間などのオペレーションを優先して低加水系の中細ストレート麺を組み合わせるところが多いため、この中太縮れタイプは個性を感じさせますね。 喜多方にも通ずるようなクラシカルとも呼べる麺ですが、味噌ラーに盤石の相性であることは言うまでもありません。 

    スープは『福島ラーメン2016』出品時よりも更に熟成が進んだ自家製天然醸造味噌が主体となりますが、旨味・風味ともに力強さが増していました。 ベースの鶏白湯スープも濃度を上げているようで、味噌テイストの押しの強さに負けない濃厚な炊き上がりです。 両者のバランスも巧みに調和された問答無用の美味しさは、今年も東京まで来て良かったと思える大満足の一杯でした♪


    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』の秋巡業も終盤ですが、来週11月18日(金)~23日(水)にかけて開催される『あすと長町 杜の広場公園』にて『仙台ラーメンフェスタ2016』にご出店されます。 今年で2回目の開催になりますが、この機会を逃さずに全国有名店のラーメンをどうぞお楽しみ頂ければと思います。


    関連記事

    category: 東京都

    Posted on 2016/11/09 Wed. 20:51  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/577-c8c48f4f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)