05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    一寸亭(ちょっとてい)本店 

    酒田市で開催された忘年会の翌朝は『海鮮どんや とびしま』さんで朝食を頂きましたが、その後の予定はノープランだったので、とりあえず酒田市を後にすることにしました。

    ランチ候補をあれやこれやと思案するのも旅の楽しみの一つだと思いますが、課題店が山積している山形で候補を絞るのは難儀いたしました( ̄▽ ̄;)ゝ 話題の人気店をロックオンしても良かったのですが、酒飲みの翌日にがっつり食べられるほどの胃力はあいにく持ち合わせておりません・・・。 

    今回福島からご同行いただいた友達のアドバイスを受けつつ、お腹具合とも相談して飛び込んでみたのが、河北町の『一寸亭(ちょっとてい)本店』さんでした。 ラーメンフリークならこちらのすぐご近所の有名人気店『龍横健 谷地店』さんにお邪魔するところでしょうが、そちらを後回しにしてでも “ 河北町谷地の名物 ” と言われる「冷たい肉そば」を一度食べてみたかったんです♪

    tyottotei2611.jpg

    お昼前には到着しましたが、かなり広大な駐車場にもかかわらず空きスペースは僅かでした。 店先には順番待ちのお客様が数組いらっしゃって、こちらが屈指の人気店であることは容易に察することが出来ました。 と同時に、お初の肉そばのお味にも期待が高まりますね。

    メニューはもちろん蕎麦がメインで、名物「肉そば」の他に、トッピング豪華版の「とりそば」、中華麺ver.の「肉中華」、「板そば」などなど、目移りしてしまいます。 ちょっと驚いたのが、カレー風味のソースだれをかけた「ソースカツ丼」なんて魅惑的な品もラインナップされていて、こちらもまた谷地名物であったことを初めて知ったのでした。 味の妄想が膨らみますねぇ♪( *´艸`)  


    冷たい肉そば
    700円

    tyottotei2607.jpg

    まずは定番中の定番・「冷たい肉そば」を頂くことにしました。 冷・温どちらのスープでも選べるのですが、オススメは冷めたいヤツだそうです。

    tyottotei2608.jpg

    お蕎麦ですが、スープは鶏出汁のようです。 鰹節などの和出汁でいただく蕎麦とはまるで異なりますね。 醤油ダレはほんのり甘めのマイルドテイスト。 キンキンに冷されているものではないので、鶏の出汁の旨味や風味など、しみじみと味覚に訴えかけてきます。 

    これは聞きしに勝る美味さです♪ 一人で「ウマい」を何度となく連呼してしまいましたw( ̄▽ ̄;)w

    tyottotei2609.jpg

    載せモノは鶏肉と刻みネギのみの潔さ。 ネギは水に晒して辛み抜きされてたりして、味への配慮は細部にまでわたります。 鶏肉はジューシーさには欠けるかもしれませんが、コリコリとした小気味良い歯応えで食感のアクセントにもなっています。 シンプル・イズ・ベストとはまさにこのことで、これ以上望むことなどありません。 

    tyottotei2610.jpg

    蕎麦の麺線はやや太めで、いわゆる田舎蕎麦の風合い。 まさかに手打ちではないと思いますが、噛み応えと歯切れの良さが感じられます。 蕎麦の甘い風味と鶏の旨味が実に良く合いますね。 大盛りでも良かったな~と、ちょっと後悔してみたり・・・。

    この名物を頂くために再び訪れても良いと思える素晴らしい味を堪能させて頂きました。


    関連記事

    category: 山形県

    Posted on 2016/12/02 Fri. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/581-29a097af
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)