03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    千利庵 

    『ラヲタ忘年会 in 酒田』で訪れた山形プチ旅行のラスト記事です。
    河北町谷地の名物・冷たい肉そばの望外の美味しさで気を良くした我々は(っていうかオレww)、もう一軒ハシゴしようってことになりまして、更に南下して西置賜郡白鷹町までやって来ました。 

    こちらはご同行いただいたお友達のお気に入りのお店になりまして、『千利庵』さんです。 国道287号線から細い道をクネクネと奥に入り込み、あまり人気のない集落の中にひっそりと佇むお蕎麦屋さんです。 

    senrian2612.jpg

    お店のシチュエーションはそんな感じなのですが、店前の駐車スペースには首都圏ナンバーや県外ナンバーの車が多数停められていて、こちらもまたかなりの人気を誇るお店のようです(゚д゚lll)(何も知らないで連れて来てもらったオレww)

    やっぱり人気店の常として、お昼時は待ちが出来ていました。 私達が到着した時はタイミングが良く一組のみでしたが、待っている間に後続客が次々と並び始め、このような目立たない場所にもかかわらずかなりご繁盛しているご様子。

    店内は古民家を少しだけ改装して店舗として利用しているようですね。 畳何十畳分もある客間はテーブル間が広く取られており、ゆったりと寛ぐことが出来ます。 現役で使用していると思われる囲炉裏が残されていたりして、何だか昔懐かしい心象風景が呼び覚まされるような感覚でした。 

    お品書きは「もりそば」ただ一品のみで、追加料金を払うことでお蕎麦の「おかわり」も可能とのこと。 ちょうど新そばになったようですし、存分に楽しませてもらいましょう。


    もりそば
    760円

    senrian2613.jpg

    お蕎麦の盛りは一般的な量かと思いますが、小鉢が二品も付いてるのに良心的な価格設定ですね。 お蕎麦の付け合わせにはちょっと珍しいモノが供されているように見えますが、これは気のせいでしょうか?w( ̄▽ ̄;)w

    senrian2615.jpg

    付け合わせは自家製の香物と、やはり味付煮玉子のようです(;゚Д゚) なぜに味玉なのかは不明なんですが、リピーターのお友達曰く時折り提供されてるみたいですね。 黄身の濃厚な味わい、ゼリー状の半熟加減の見事さ、適度な味の染み入りなど、ラーメン専業店でもここまでのクオリティーで提供されるお店はそう多くないと思います。

    山葵も本山葵を用いていて、これがまた風味も爽やかで実にヨロシイ♪

    senrian2614.jpg

    蕎麦は石臼挽きで山都産の蕎麦粉を使用しているとのこと。 つなぎを一切用いない十割蕎麦ですが、艶やかで瑞々しさが際立っています。 硬質感を残したコリコリっとした歯応え、細切りの繊細な食感は実に印象深い蕎麦です。

    senrian2616.jpg

    蕎麦つゆはアゴ、鰹、昆布で出汁引きしているそうです。 キリッと醤油が立っていて、ちょっと味濃いめがこの辺りの蕎麦の特徴みたいです。 蕎麦自体はかなり長いのですが、途中で千切れたりすることもなく、十割そばにありがちなモソモソした食感もほとんど感じられないのは不思議でした。 

    民家を改築したような店構えからはイメージ出来ないような、都会的で洗練された蕎麦を楽しませてもらいました。 『一寸亭本店』からの二軒目なのでお代わりは遠慮したのですが、やっぱりもう一皿食べても良かったかなぁ・・・(´艸`*)

    とにかくとっても美味しかったです。


    関連記事

    category: 山形県

    Posted on 2016/12/05 Mon. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/582-5a6282f2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)