06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    第一回 ふくしまラーメン祭り2016 【中華蕎麦 こばや】 

    ちょっとインターバルが空いてしまいましたが、『第一回ふくしまラーメン祭り2016』の2日目に頂いたラーメンもご紹介したいと思います。 初日に『魂麺』さん、『麺や 七彩』さん、『 BASSO DRILL-MAN』さんの3杯を頂きましたので、2日目で残りの3杯を頂いて全制覇を目指します。

    この日の1杯目は、『中華蕎麦 こばや』さんです。

    ra-fes12042650.jpg

    ブースに並んでみると、寸胴の辺りからはまるで豚骨ラーメン専門店さながらの芳しい香りが届いてきます。 あくまでも中華そばにこだわるのは金谷川の実店舗同様ながら、今回はちょいと面白いアイテムを合わせてきました。


    福島えごま豚の背脂醤油中華そば

    ra-fes12042651.jpg

    無化調仕立ての “ 背脂チャッチャ系 ” ときましたΣ(・ω・ノ)ノ! 動物系清湯ベースのクリアなスープは淡麗ながら、存在感のある醤油ダレがキレの良さと押しの強さを訴えてきます。 

    エゴマ豚の背脂は本作のハイライトですが、なんと背脂を魚介出汁で煮込むという手法が採られているそうですΣ(・ω・ノ)ノ! チャッチャと振り掛けた背脂がスープに溶け出すことで、動物系と魚介系をブレンドしたようなダブルスープ効果を狙っているとのこと。

    背脂効果でオイリーさはあるものの、驚くほどにクドさやしつこさがなく、その気になれば難なく汁完出来そうなくらいです。 

    ra-fes12042652.jpg

    トッピングはシンプルで、バラチャーシュー、メンマ、刻みネギ、そして福島が誇るブランド豚・エゴマ豚から採った背脂。 チャーシューもエゴマ豚だと思いますが、脂質の甘さと上品さ、肉質の良さなど、いつ頂いてみても高品位な美味しさ。 刻みネギは、その風味と瑞々しさで口の中に清涼感を与えてくれる大切なアイテム。 

    背脂のほんのりとした甘さに微かな魚出汁の旨味が加わり、動物系だけでは出せない旨味の奥行きがあったと思います。

    ra-fes12042662.jpg

    県内産の小麦を使った自家製麺は、オーダーが入ってから入念に手で熨され平打ち麺へと変化。 今回は手揉みは加えずストレートな形状にこだわったようで、多加水麺のツルツルした滑らかな食感と、もっちりした歯応えが際立っていました。 全粒粉もブレンドしているようで、小麦の風味も殊の外に豊かでした。

    会場で一緒だった友人は背脂マシの “ 鬼油ver. ” にしてもらったようですが、それでもクドさやしつこさは全く感じなかったとか。 罪悪感を覚えずに存分にアブラ補給出来ちゃう、こてっり好きには感涙モノのラーメンでした。  



    関連記事

    category: イベント

    Posted on 2016/12/10 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/588-1fb28385
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)