02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

    麵処 若武者 

    去る12月9日で創業8年目に突入した福島ラーメン界の牽引役『麵処 若武者』さんでは、毎年この時期の恒例となっている季節限定のラーメンがお目見えしていますよ♪

    wakamusya2663.jpg

    先ごろ店舗下の専用駐車場を拡張されたお陰でキャパシティーが増えたばかりか、車の取り回しがし易くなりました。 お車でご来店のお客様には朗報ですよね(・ω・)ノ

    この日は娘も一緒だったのですが、以前から娘も食べてみたいと申していたので、親子揃って注文させて頂きました。


    極上上湯麺
    1000円

    wakamusya2664.jpg

    「青森シャモロック塩鶏中華」「福島鶏白湯」と並ぶ看板メニューにして、『麺処 若武者』を不動の地位に押し上げた名品、「極上上湯麺2016ver.」です。 丼から立ち昇ってくる香気はいつもと変わらぬ豊潤な香りに満ち溢れています。 「もう今年も終わりかー」なんて、ふと今年一年を振り返りながら前年モデルの味を思い起こしてみたり、一年を締め括る師走に頂くと感慨も一入です。

    wakamusya2665.jpg

    最高級金華豚ハムに、エゴマ豚の赤身、伊達鶏の胸肉を贅沢に使用して炊き上げたスープは、桁外れの旨味の凝縮感が特徴です。 あと、表層の油膜が悶絶するほど熱いのも、これまたこのラーメンの個性?( *´艸`) 今年は醤油を『茜醤油』に変えたので、その辺りが味わいにどう変化を与えるのか気になってましたが、意外にも醤油ダレの押しは控えめでした。 

    この醤油はもとから主張の強い醤油らしいのですが、お肉の旨味を損ねてしまわぬよう、ベーススープとの調和にご苦労されたそうです。 今までのモデルのなかでも、一番スッキリとした味ではないでしょうか。 凛とした醤油ダレの存在感をしょっぱいと捉えてしまわれた方にも受け入れられそうです。

    wakamusya2666.jpg

    『羽田製麵』さん謹製の低加水中細ストレート麺は、張りのある食感と同時にしなやかさも感じられます。 スープが主役のラーメンで必要以上に個性を発揮することなく脇役に徹しているのは例年通りですが、そう言いながらもこの麺のポテンシャルもなかなかのものです。 

    毎年進化を続けてきた “ 究極の素ラーメン ” は、今年も確実にバージョンアップしていますよ(`・ω・´) 
    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2016/12/18 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/591-d41b0194
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)