03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    麺屋 信成 

    この日は次女の車購入のため、郡山市安積町周辺の自動車販売店を何軒か巡っていました。 どうにも巧い具合に商談がまとまらないのでこの日は諦めることにして、次女のリクエストで『麺屋 信成』さんを訪問しました。 

    shinsei2763.jpg

    14時頃でも店内はほぼ満席に近く、いつもの指定席も先客さんが座っておられたので、珍しく小上がり席に上がり込んでみました。 次女はいつもの如く「辛玉豚骨」で即決。 私は『信成』さんツートップの一翼を担うこちらをオーダーしました。


    黒醬油 (※味玉サービス)
    800円

    shinsei2764.jpg

    言わずと知れた不動の看板メニューにして、多くの中毒者を排出している魔性の漆黒ラーメン。 醤油テイストは濃厚でも塩味は驚くほどマイルドで、動物系清湯の分厚い旨味とほんのり甘いニュアンスが味覚を席巻します。 ミル挽きブラックペッパーの風味も無くてはならないアクセントで、香辛料のスパイシーさが旨味の輪郭を明瞭に浮かび上がらせます。

    shinsei2765.jpg

    薄くスライスされた肩ロースチャーシューは、脂身の口溶けもフワッと柔らかく、旨味に品の良さがあります。 これ以外にも大ぶりなモモ肉チャーシューも敷かれ、チャーシューメン並みの食べ応えを楽しませくれます。

    shinsei2766.jpg

    極太メンマはコリっとした軽快な歯触りで、脇役らしからぬ存在感を発揮。 いつもよりもちょっと盛りの良かった刻みネギは風味と辛みでスープの味わいに奥行きをもたらしながら、フレッシュな水菜の瑞々しさとほろ苦さを伴い、味覚をリフレッシュしてくれます。

    shinsei2767.jpg

    低加水系の中細ストレート麺は、食べ始めは硬質感のある小気味良い歯応えが楽しめ、次第にスープの旨味を吸ったエクストラな美味しさへと変化。 麺そのものの美味しさも秀逸ですが、スープとの絶妙な絡みも大きな魅力の一つです。 

    次女はとにかく『信成』さんの豚骨の大ファンで、私がいくら進めても豚骨以外には目もくれない罰当たりなヤツなのですが、この日は珍しく「黒しょうゆ」に興味を持った様子。 レンゲで何度かスープを掬って味見していましたが、「これって何で出来てるの?」と、初めて口にしたスープに少々驚いていました。 

    もしかしたら、 “ 黒しょうゆ中毒 ” の禁断の扉を開けてしまったのかも?・・・( *´艸`)


    最後にお知らせです。 来たる3月11日(土)、12日(日)の二日間にかけて、福島市の『チャンネルスクエア』にて「チャンネルスクエア2周年子ども祭」が開催されます。

    イベントの一環として有名アーティストとコラボしたスペシャルなラーメンが提供されるそうですから、どうぞお楽しみにしてください。

    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2017/03/03 Fri. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/597-ec98c03e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)