06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    和風レストラン まほろば 

    休日を利用して会津ドライブに出かけてきました。 『道の駅 尾瀬街道みしま宿』や『大塩温泉共同浴場』に立ち寄り、いっそここまで来たら一昨年フラれてた課題店まで足を延ばしてみようと只見町を目指しました。

    只見町に入り目的地に到着したまではよかったのですが、どうしたことか店舗が見当たりません。 ご近所さんがちょうど目の前を歩いていたのでお訪ねてしみたところ、なんと数か月前に火災に遭われ店舗が焼失してしまったようです。

    ただいま再建中の新店舗は、あと数か月ほどで営業再開出来る見込みとのこと。 そのまま廃業なんてことにならなっかったのは不幸中の幸いでしたが、まさかの事態にただただ驚くばかりでした。 二度もお預けを喰らってしまいましが、一日も早い復活を心待ちにしております。

    そんな事情がありましたが代替候補として迷わず選ばせてもらったのは『和風レストラン まほろば』さんです。 実は一昨年もランチ難民になりかけてたところを助けて頂いた経緯のある有難いお店です♪

    mahoroba2809.jpg

    和風レストランの名に相応しくお寿司な天ぷら料理なども充実していますが、何せこの日は大衆食堂でランチするつもりでいたので、ちょっとそれらしい品がラインナップされていたのは嬉しかったです。


    カツカレー丼
    900円

    mahoroba2810.jpg

    和風レストランの仕立てるカツカレーって何だか気になります。  一般的なカツカレーならお皿に盛られるところが多いと思うのですが、敢えて丼スタイルってのが興味深いところかも。 豚カツとご飯の間に千切りキャベツが敷かれてたりして、ちゃんと一手間加えられていますね。

    mahoroba2811.jpg

    カレーは人参、ジャガイモ、タマネギ、豚肉といった具材が煮溶けていて、日本人に馴染みの深いスタンダードなカレーですが、香辛料も適度に効いていてスパイシーさもあります。 辛味は控えめなのでお子様でも難なく召し上がることが出来るでしょう。 ルーの粘度はやや低めで、サラッと食べ進められるところが私的にも好みのカレーでした。

    mahoroba2812.jpg

    汁物は豆腐と三つ葉のお味噌汁。 出汁は鰹出汁がしっかりと効かされ、味噌テイストの押しの強さも感じさせる味濃いめな仕立てですね。 

    mahoroba2813.jpg

    豚カツは注文を受けてから揚げる一点仕上げ。 スッと噛み切れる肉の柔らかさに肉質の良さを感じます。 細目のパン粉を使っていることでサクッと軽快な口当たりに仕上げているのも料理人のこだわりでしょう。 豚カツ自体のクオリティはかなりのものです。 先述した千切りキャベツの瑞々しい食感も良い仕事しています。 

    ボリューム感もほどよく、食後に胃袋が重たくならずに済んだのは、胃力の衰えた世代にとって有難く感じるかもしれません。 夜は酒処としても利用出来るようですし、飲食店の少ないエリアでちょっと贅沢な食事が楽しめるお店として重宝されているハズです。 

    関連記事

    category: 会津地方

    Posted on 2017/07/01 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/609-970177a7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)