07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    水車生そば 

    秋田からの帰り道は山形ルートでR13を南下してきたのですが、帰りしなにもう一杯ということで辿り着いたのは、山形県天童市の老舗、『水車生そば』さんです。 山形を代表する有名店の一つですが、実は今まで未訪でした。 

    suisya2824.jpg

    お店に到着してまず驚いたのは、店舗専用に二階建ての立体駐車場を有していること。 この時は平日の夕方近くだったので店舗真裏の駐車スペースに停めることが出来ましたが、休日は一体どれだけのお客様が来られるのでしょうか・・・。 

    今さらお店の詳細な説明は不要と思いますので割愛させて頂きますが、さすがに山形名物をウリにされるお店ですね。


    元祖 鳥中華
    700円

    suisya2825.jpg

    もともとは店員さんの賄いとして食べられていたものがメニュー化され、一躍お店の看板商品になってしまったという一品で、鳥中華の元祖がこちらだそうです。  

    スープは蕎麦つゆにも使われる和風出汁がベースになっているようです。 いわゆるラーメンスープとは異なるすっきりとした味わいで、カエシのほの甘さも感じさせます。

    suisya2826.jpg

    載せモノはなかなか個性派揃いで、刻み海苔、三つ葉、刻みネギ、鶏肉、そして天かすです。 海苔と三つ葉の風味は和テイストを、天かすから染み出る油がコクを醸しだしており、何だかスパイシーだと思ったら、胡椒も振られてるみたいですね。 

    suisya2827.jpg

    鶏肉は若鶏を使用しているらしく、ぷりっと弾力のある歯応えでジューシー。 鶏肉の旨味もスープに味わい深さを与えていると思います。 

    suisya2828.jpg

    麺は特に個性を感じさせるようなものではありませんが、この辺りで一般的とされる中細の縮れ麺です。 敢えて硬めに茹で上げているのか偶然なのかは不明ですが、コリコリっとするような食感が印象的。 この硬質感を小気味良い歯触りと捉えるか、ちょっと硬いと捉えるかは人それぞれだと思います。

    私的にはもう少し柔らかい方がベターかなって気もしましたが、3杯目に食べても重たさはなく、するするっと食べ切れてしまう食べ易さと味の良さには感心いたしました。 
    関連記事

    category: 山形県

    Posted on 2017/08/11 Fri. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 1  

    コメント

    蕎麦?

    アイスマンさん、
    決して否定するつもりではありませんが、
    素直に蕎麦の方が良かったのでは(笑

    この系なんだけど、何食っても自分に合わず。
    最高峰は若武者さんの、ムール貝の塩そばでしたね♪

    sachs #- | URL
    2017/08/15 20:21 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/612-81089b58
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)