09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    食事処 松しま 

    郡山市朝日に店を構えられる『食事処 松しま』さんを初めて訪問しました。数年前になりますが、某テレビ局の夏メニュー特集だったかで紹介され気になっていた一軒です。


    P110815.jpg


    近くの職場に勤務されるサラリーマンの皆様にとっても、まさにオアシス的なお店なのではと思い込みたくなるような、木目を基調にした柔らかで落ち着いた雰囲気に心が和みます。昼時の混みようは相当なものらしいですが、午後2時も過ぎた店内はお客さんもまばらで、もとより広々とした店内は更にゆったりとした空気が流れます。


    P1000688.jpg


    分厚いお品書きの中の中華麺系メニューのみを写したものですが、これ以外にも蕎麦、うどん、丼物、定食、一品料理など、目移りしそうなほどの豊富な品が揃えられます。これだけの品数を ”フルコンプリート” しようなんて企てたら、一体どれだけの日数を費やすことになるでしょう(笑)  





    天中もり
    750円

    P1000691.jpg


    「冷たいラーメン」の中から、こちらの一番人気と記された「中華もり」に天ぷらが付けられた一品を所望してみました。お品書きによりますと「当店オリジナル自家製ピリ辛つけ麺」とのこと。


    P1000692.jpg


    丸断面の中細麺は取り立てて個性的なタイプには見えないものの、この艶やかな質感が自家製のこだわりを静かに主張してきます。


    P1000693.jpg


    天ぷらは、海老、南瓜、茄子、大葉、の定番のネタが揃えられます。衣はしっかりと多めに塗されながらも、サクサクした心地良い食感が愉しめるのは老舗の熟練が成せる業。一つだけわがままを言わせてもらえば、天つゆが付いてくれば申し分なしといったところ。


    P1000694.jpg


    タレを猪口に注ごうとしたところで、底の方に潜んでいた何かを発見。これがピリ辛を演出している自家製の辣油だそうです。


    P1000696.jpg


    つけダレは恐らく蕎麦のつゆと同じもので、幹のしっかりとした濃いめの節の風味は、宗田節に由来するものでしょうか。これに先程の辣油が合わさることになるのですが、辣油の香ばしさと余韻として広がる辛味は感じられつつも、味の決め手になるような押しの強さは見られず、その効果はあくまでアクセント的なレベルに落ち着いています。


    P1000699.jpg


    滑らかな舌触りから、「プリプリっ」とした弾力ある歯応え、小麦の豊かな風味に至るまで、期待した通りの秀逸さが光る多加水の自家製麺。製麺した後にある一定期間の熟成を施したような際立つ麺の美味さは特筆すべき点にあげられます。

    和風なさっぱり感と辣油がもたらすコクがバランス良く調和された、夏らしい爽やかな一品に仕上がっていまして、セットのハーフ丼と組み合わせれば更にボリュームアップしてお腹も満足されることでしょう。

    この記事を書きながら改めてお品書きを拝見していたところ、温かいラーメンはスープにもこだわったと記されているではありませんか(笑) 
    そんな老舗のこだわりを見せる一杯を見逃す訳にはいきません。

    どのような出会いになるのか、今から楽しみです♪





    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2011/08/16 Tue. 11:36  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    No title

    へえ~気付きませんでした・・・
    どーもセットのカツ丼とかになっちゃうので、、、

    やはり目の付け所が違うな~
    参考になります!

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2011/08/16 12:45 * edit *

    maxmaxさん

    『やっぱ、大盛りにしとけば良かったなぁ』と心の中で何度も悔やむほど、麺そのものの美味さが際立つ一品だと思いますw セットの丼物も多彩なバリエーションで心惹かれますし、更に足を運んでみたい一軒ですね(^^)

    参考にさせて頂いてるのはこちらの方でして、またまたサプライズネタに期待しております♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/08/16 18:10 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/87-829e95e6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。