06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    自家製麺 工藤 

    この日は平日にお休みを頂いたので、近々開催される某イベントのチケットを入手しておくべく郡山市へ出掛けました。
    その前に腹ごしらえってことで、 “ チケット売り捌き所 ” から近い『自家製麵 工藤』さんに潜り込みました。 折しも女将さんが不在で多忙なところにお邪魔するのも気が引けましたが、工藤さんのラーメンが食べたい欲求に負けてしまいました( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ

    kudou2574.jpg

    ご存知のように、このところはゲリラ限定が次々とリリースされていますよね。 この日はこれといった限定は提供されていなかったので、未食の「おしょうゆらあめん」のノーマルタイプを頂くつもりでしたが、思いがけず工藤店主から嬉しい申し出がありまして、ご厚意に甘えさせて頂くことにしました♪ 


    ふくしまとりぱいたん@900円 (※味玉サービスです)

    kudou2570.jpg

    先頃ついにリリースされた福島鶏白湯の工藤ver.を頂けることになりました。 厳密には載せモノなどが正規ver.とは異なりますが、いま提供出来るモノでってことで誂えて下さいました( *´艸`)

    kudou2571.jpg

    まずは福島三大鶏を白湯で炊くスープですが、丸鶏も用いてはいますが、鶏ガラをメインにしているらしいです。 舌に纏わり付いてくるようなクリーミーさの他に、微かに骨っぽさも感じさせますね。 濃厚でも驚くほど臭みのない旨味は至極上品。 塩味は無化調仕立てのすっきり感を損なわない円やかさで、実に絶妙な落とし所にハマっていました(〃▽〃)

    kudou2572.jpg

    載せモノは豪華な布陣で、特に低温調理の鶏チャーシュー、直火焼きの鴨肉、豚バラチャーシューの3種類のお肉で満足感を与えてくれます。 鶏チャーシューは瞠目するほどのジューシーさ、豚バラ肉はとろける柔らかさ、初見参の鴨肉は焼き目の香ばしさと濃厚な肉の旨味を楽しませてくれました。 それ以外では白髪ネギに細切り生姜がミックスされたものが添えられていました。 これが技アリと思えるアイテムで、食感・風味ともに良いアクセントになっていました。

    kudou2573.jpg

    中細ストレート麺の詳細なスペックはお聞きしていませんが、低加水よりやや加水率を上げた中加水麺でしょうか。 適度に歯応えを残していますが、張りのあるような硬質的な食感にあらず、しなやかで歯切れの良さが感じられます。 小麦の香り立ちの良さ、スープの絡みの良さなど、高品位なクオリティーは言わずもがな。

    オリジナリティへのこだわりを随所に感じさせながら、女性やお子様でも召し上がれるような親しみやすさも併せ持った一杯です。 正規リリース版もそうですが、この鶏白湯をベーススープ用いた「カレーつけ麵」も頂いてみたくて仕方ありません・・・(´・ω・`)


    category: 郡山市

    Posted on 2016/10/30 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    愛と情熱のらーめん屋 皐月亭 

    特にどこかに出掛けるでもなく無駄に時間を過ごしてしまった先頃の3連休でしたが、この日は娘の用足しに付き合わされて郡山へ。

    このところずっとご無沙汰してる意中のお店でランチでもと向かってみましたが、店先の凄い人だかりを見て心が折れてしまいました( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ 付近のお店を何軒か巡ってようやく辿り着いたのが『愛と情熱のらーめん屋 皐月亭』さんです。

    satsukitei2569.jpg

    長女がまだ就学前する前に訪問したきりなので、確実に15年は経過してるハズですが、多くのラーメン店がひしめくこのエリアでも確固たる地位を確立されていますね。 久しぶりの再訪で何を頂こうとメニューを開いて真っ先に目に飛び込んできたのが、創業16年を機にリリースされたという限定麺でした。 レギュラーメニューとは毛色が違う品のようで、これはなかなか面白そうですね♪


    鶏そば (数量限定)
    700円 

    satsukitei2566.jpg

    スープは長期醸造3年熟成醤油と特製の地鶏スープをブレンドしているようです。 清湯ベースですがやや濁りが入っていて、香味野菜系の旨味も感じられますね。 豊富な鶏油の油膜がコク味の醸成に一役買っているようですが、押しの強さで味覚を席巻するようなインパクトよりも、どなたにでも受け入れられやすいバランスに重きを置いた味だと思います。

    satsukitei2567.jpg

    豚バラチャーシューは蕩けるように柔らかく格別の美味しさで、シャクシャクした食感の穂先メンマに、ハーフカットの味玉も標準装備。 その他は海苔、カイワレ大根などシンプルな載せモノですが、必要にして充分といったところでしょうか。

    satsukitei2564.jpg

    レギュラーメニューの麺は『羽田製麺』さんの麺を使用しているようですが、本品は京都の老舗製麺所の低加水系中細ストレート麺を合わせています。 スベスベの滑らかな舌触りで、コツコツした硬質感のある歯応えは、キレのあるスープとマッチしています。


    黒豚餃子
    320円

    satsukitei2568.jpg

    空腹に任せてサイドメニューも一皿頼んでみました。 ボリューム的にはスタンダードサイズですが、ほど良くニンニクが効いていて、肉汁溢れるようなジューシーさがなかなかの美味しさでした。 

    「鶏そば」は従来メニューとは明らかに路線が異なる為、ご贔屓さんにどれくらい受け入れられているかは分かりませんが、新たな価値を創造しようとするご店主のスピリットは素晴らしいと思います。

    category: 郡山市

    Posted on 2016/10/15 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    麺屋 信成 

    先月は訪問機会を逸してしまった『麺屋 信成』さんを訪ねました。 折しも、個性派つけ麺で人気を二分する新進気鋭の二店舗で限定リリースされていた「カレーつけ麺」に激しくそそられながらも、 “ 秋の巡業 ” で長期休暇に入ってしまう前に定期訪問を済ませておくことにしました( ̄▽ ̄;)ゝ

    shinsei2558.jpg

    しばし店外待ちした後にいつもの指定席に着かせてもらえば、「ヌーヴォーあるよ♪」の嬉しいお言葉♪ 『たなつものグループ』代表の廣田店主が買い付け~自家製粉した猪苗代産の新麦を、『自家製麺 工藤』の工藤店主が製麺した、スペシャルスペックの『福島小麦ヌーヴォー』です。

    どの品に合わせたら良いかオススメを伺ったところ、鶏白湯との相性がすこぶるよろしいとのことで、そちらに合わせて頂きました。


    福島鶏白湯 ~福島小麦ヌーヴォー仕様~
    800円

    shinsei2553.jpg

    久々の鶏白湯ですが、色彩豊かに盛り付けられたビジュアルの華やかさには、他店では見られないような独創的な美的センスを感じますよね。 見てくれみならず、溢れんばかりに立ち昇ってくる鶏出汁の香気がそのクオリティを物語っています。

    shinsei2556.jpg

    コラーゲン質の膜が生成されるほど濃厚に炊き上げられたスープではありますが、闇雲に濃度だけを追求することはなく、女性やお子様でも難なく食べられるようなスマートさも兼ね備える絶妙バランス。 塩気もしっかりと効いてますが、角のない円やかな塩味が鶏の旨味をしっかりと引き立てています。

    shinsei2554.jpg

    肩ロースのレアチャーシューはふわっとした口溶けも素晴らしく、お肉の旨味に品の良さがあります。 低温調理の鶏チャーシューはしっとりジューシーで、ハーブのような爽やかな風味が感じられます。 スプラウトなどの瑞々しい葉物系も口中のリフレッシュにうってつけで、載せモノのバランスもお見事です。

    shinsei2557.jpg

    先述した麺は猪苗代町で無農薬栽培されたユキチカラを使用していて、石臼挽きの荒挽き粉と、古式ロール製法で細挽きにした粉をブレンドしているとのこと。 噛み締めれば豊かな小麦の風味が鼻腔に抜け、濃厚鶏白湯の旨味にも負けていません。 加水率は中加水程度らしいですが、麺肌はつるりと滑らかで、ぷちんと弾けるような歯応えがありました。 

    スープの持ち上げにも優れていて、啜るたびに廣田さんと工藤さんの顔が脳裏を過るのでした(*´ω`)

    さて、気になる “ 秋巡業 ” についてですが、10月8日~10日にかけて金沢市で開催される『第10回北陸ラーメン博』を皮切りに、各地のイベントにご出店されるご予定です。 臨時休業される日も多くなると思いますので、ご訪問予定の方はどうぞお早目に♪


    category: 郡山市

    Posted on 2016/10/01 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    本格とんこつラーメン専門店 花カツミ 

    しばらくご無沙汰していた『本格とんこつラーメン 花カツミ』さんですが、なんと今月末日をもって閉店されると、まさに寝耳に水とも言うべき情報がもたらされました(;゚Д゚) 

    俄かには信じ難い突然の悲しいお知らせでしたが、ついに来るべき時が来てしまったようです(ノД`)・゜・。

    hanakatsumi2548a.jpg

    閉店の知らせを聞き付けたファンが大勢訪れ、店先には連日長蛇の列が出来ていると伺っていましたが、閉店を目前に控えた日曜日も店前はとんでもなことになっていました。 ひっそりと幕引きされるお店だって少なくない中、これほど大勢のファンがフィナーレを見届けに来てくれるなんて、マスターご夫妻も有終の美を飾れるというものでしょう。

    少しでも多くのお客様に公平に食べて頂きたいのと、出来るだけ待ち時間を少なくしたいとのご配慮だと思いますが、メニューをいつもの半分ほどに限定し、トッピングのオプション、麺の大盛りオーダーなども不可とされていました。 ライスセットも先客さんの分で完売してしまい、選択肢は限られてしまっていたのですが、お店の基本メニューでラストを締め括ることとしました。


    とんこつらーめん
    680円

    hanakatsumi2544.jpg

    いつもと変わらぬビジュアルですが、これが最後だと思うとやっぱり寂しいですね。 丼から立ち昇ってくる香気を嗅いでいると、今までの思い出が蘇ってくるようです。

    hanakatsumi2546.jpg

    スープはいつになくライトな仕立て上がりに感じましたが、口当たりの円やかな無化調豚骨はここでしか頂けない唯一無二の味わい。 多くのファンを虜にして止まなかったピュアな豚骨スープは掛け値なしに美味しい♪ 

    hanakatsumi2545.jpg

    ホロホロっと繊維に沿って解れるチャーシューは味付けは穏やかですが、豚骨スープが染み渡った美味しさは格別です。 ボイルモヤシの瑞々しさ、カイワレの食感、ネギの風味、スープの熱でも決して溶け出さない海苔など、このラーメンを盛り立てる役者にもマスターの目利きが光っています。  

    hanakatsumi2547.jpg

    本来であれば中太麺とユキチカラ麺の二種類から好みで選べますが、現在はマスターにお任せオーダーとなっています。 ご厚意で選ばせて下さったので、ユキチカラ麺をチョイス。 コキコキっとした硬質感のある歯応えが小気味良く、今さら言うまでもなくスープとの相性もこの上ないマッチング。 今どきの麺のようなソリッドなタイプとは趣きが異なり、適度にユルさがあって、そこがまた魅力の一つでした。

    特製辛子で味変も楽しみながら、一口、また一口、その美味しさをじっくりと噛み締め、もう二度と口にすることが出来なくなってしまう味を記憶に刻み込んできました。 

    郡山を代表するようなメジャー級のお店ではなかったかもしれませんが、他店にはないオリジナリティで多くのファンを魅了した “ とんこつラーメン専門店 ” は、2016年8月31日をもってその歴史に幕を閉じます。

    category: 郡山市

    Posted on 2016/08/30 Tue. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    麺屋 信成 

    梅雨も明けて夏本番を迎えた県内ですが、昨日も夏らしい抜けるような青空と、気温も30℃を超える真夏日になりましたね。 暑くなると食欲も減退気味になりがちですが、ファンの皆さんがリリースを待ち焦がれている夏季メニューの仕上がりはどうなんでしょ?ってことで、『麺屋 信成』さんへ確かめに行って来ました。

    shinsei2495.jpg

    リリースに向け試作が続けられていることは先刻承知していまして、私以外にお客さんもいらっしゃらないということで、特別に先行試作品を作って頂きました。


    夏季限定・ざる中華 (※試作品です)

    shinsei2496.jpg

    昨年は鶏ベースの冷やし塩ラーメンが販売され人気を博しましたが、今夏は信成初となる「ざる中華」の登場です(゚д゚lll) 今どきのラーメン屋さんの夏メニューなら、やっぱり冷やしラーメンが主流になりつつあるような気もしますが、敢えてクラシカルなお品にしたのは、麺にその理由があるんです。

    shinsei2497.jpg

    まずつけ汁は、黒しょうゆにも使われている動物系清湯をベースに、魚介は鰹出汁が用いられています。 醤油ダレは穏やかな効かせ方で、やや甘めの味わいですね。 ざる中華にありがちな濃いめの醤油テイストで食べさせるタイプとは一線を画し、動物系出汁の旨味が華やかです。 香味オイルの風味と摺り胡麻の香ばしさもあって、『信成』さんらしいスタイリッシュな美味しさに魅了されました。

    shinsei2498.jpg

    載せモノはチャーシューと、刻みネギや水菜などの葉物系で、味玉はオプションになると思います。 まずチャーシューはゴージャスに低温調理チャーシューの合い盛り♪ ざる中華のシンプルで古典的なイメージを根底から覆してくれちゃいました。 

    shinsei2499.jpg

    レギュラーメニューにも載せられる鶏胸肉と豚肩ロース肉になりますが、どちらもしっとりした柔らかな食感で、ほのかな塩気が肉の旨味を引き立てます。 そのまま頂いても素晴らしく美味しいですが、つけ汁にちょっと潜らせるとこれまた格別です。

    shinsei2500.jpg

    水菜、刻みネギ、スプラウトなどの瑞々しいお野菜は箸休め的存在。 今が旬のミョウガも仕込まれていて、夏らしい風味を楽しませてくれました。

    shinsei2501.jpg

    麺は郡山市では初お目見えとなる秋田県の『佐藤養悦本舗』さんの稲庭中華麺です。 乾麺はテボで茹でられない為、この麺を茹でるために新たにガスの配管を増設しちゃったそうで・・・w( ̄▽ ̄;)w 

    shinsei2502.jpg

    冷水できっちり締められた麺は、艶やかでツルッツルの極上の喉越し。 乾麺特有の歯切れの良い食感も、この麺の大きな魅力の一つです♪ きっと郡山のラーメンファンにも受け入れてもらえるものと期待しております。

    先述したようにつけ汁はやや甘口タイプでしたが、卓上に置いてある辣油をお好みで投下すると、出汁の旨味の輪郭が明瞭に浮かび上がってきます。 今まで知らなかったのですが、この辣油はボトルこそ見慣れた市販品ですが、中身は別物に入れ替えてあるとか・・・(;゚Д゚) 辛味そのものは特別強力って訳ではなさそうですが、ゴマの香りとじわじわっと後追いしてくるHOTな辛さがアクセントになってくれました。 辛いのが苦手でなければ、ぜひともお試しして頂きたい味変アイテムです。

    “ 信成ブランド ” の期待を裏切らない2016年夏の名品と断言しておきましょう

    リリースされる日が気になるところでしょうが、仕込みの関係もあるので私の口から明言は出来ませんが、早ければ本日辺りから提供される・・・かも?w( ̄▽ ̄;)w ともかく正式販売どうぞお楽しみに♪

    category: 郡山市

    Posted on 2016/08/01 Mon. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0