04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    らーめん本竈 

    前記事の『麺屋 久兵衛』さんを後にして次に向かったのは、こちらもこのエリアのラーメンを語るうえで外せないお店 『らーめん本竈』 さんに向かいました。 車での移動なら、わずか1~2分ほどで到着してしまう至近距離ですΣ(・ω・ノ)ノ!

    honkamado1118.jpg

    『久兵衛』さんと同じく “ 利府のラーメントライアングル ” の一角を担い、宮城県のラーメン界にも影響を与えた名店ですよね。 どうにか駐車スペースの空きに車を滑り込ませて暖簾を潜れば、その奥には長いコの字型の待ち席が用意されていまして、ざっと20名ほどの先客さんが順番待ちされていました。  

    その待ち席を横ズレしながら待たせてもらっている間に、お品書きを拝見させて頂きます。 ラーメンとつけ麺の二本柱に、それぞれ醤油、塩、辛味系が用意されているようです。 担々麺系の辛いヤツにとちょっと惹かれながら、開業以来の一番人気を頂いてみることにしました。


    海老わんたん麺醤油味 味玉入り
    950円

    honkamado1119.jpg

    スープは豚骨、鶏の胴ガラ、モミジを時間をかけて煮込み、そこに鰹節と鯖節を加えているそうです。 分厚い油膜は湯気をも立たせませんが、オイリーでありながらクドさや重たさは感じられず、逆に無化調仕立てと思われるスッキリとした味わいが印象的です。 魚粉の存在も少し感じられますが、粒子が非常にきめ細やかなので粉っぽさはあまり気にならないかと思います。 

    honkamado1120.jpg

    海老わんたんはぷりっぷりの剥き海老以外に鶏肉もたっぷり詰められていました。 皮はとても滑らかな舌触りですが、やや厚手のしっかりとしたもので食べ応えアリ。 お店のオススメだけあって納得の美味しさです♪

    honkamado1121.jpg

    バラロールチャーシューはむっちりと柔らかくて、脂身は口の中で蕩け出す美味しさ。 醤油の味入れも絶妙ですね。 味玉やメンマなど、載せモノのクオリティはどれも一級品♪ 付け入る隙の無いハイレベルなアイテムがラーメンを盛り立てていました。

    honkamado1122.jpg

    ご店主のお父様が営む製麺所で作られる麺は、 “ 実家製麺 ” とも呼ばれているそうですが、北海道産にこだわったオリジナルの小麦粉を使用しているとのこと。 中細のストレート麺は舌触りはつるっと滑らかで、啜り心地はしなやか。 シャキっと硬茹でにしていないのはスープとの相性を考慮してのことでしょうか。 

    尖ったものを感じさせないバランスに優れるスープ、硬質感で主張し過ぎない麺など、どなたにでも受け入れてもらえるような食べ易さを感じました。 老若男女を問わない幅広い客層が、まさにそれを物語っていたとも言えますね。 気になる他のメニューも頂いてみようと思います。


    さて、あともう一軒制覇すればラーメントライアングル達成となったのですが、残念ながら今回はここでタイムアウト(´・ω・`) 次回の楽しみに取っておくことにしました。


    category: 宮城県

    Posted on 2015/07/18 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    麺屋 久兵衛 

    宮城県利府町の人気店 『麺屋 久兵衛』さんに初めて伺いました。 以前からその高名は存じ上げており、いつか訪問してみたかった念願がついに叶いました(*ノωノ)

    kyube1098.jpg

    日曜日のお昼時でかなりの混雑も覚悟の上でしたが、案の定やっぱり混んでましたねw( ̄▽ ̄;)w まずは駐車スペースに空きが出来るのを待つため、車の誘導をしてくれる店員さんの指示に従って暫し車内で待ちます。 この時にお品書きを渡して下さるので、待ち時間を利用してお品選びを済ませておくのが良いでしょう。

    混み合ってはいるものの、そこはこの激戦エリアでも屈指の実力店ですから、客捌きの回転の早さは流石です。 さほど待つことなく入店出来まして、店内待ち席からカウンター席へ移動、所望品の到着までに掛かった時間は僅か20分ほどでしたw( ̄▽ ̄;)w

    品揃えの方は基本の中華そばをはじめ、つけ麺、汁なし、味噌ラーメンの4系統のグランドメニュー。 限定麺も提供されるようですが、新参者らしく看板メニューからエントリーすることにいたしました。




    味玉中華そば
    780円 (※税別)

    kyube1099.jpg

    深みのある醤油スープに、こだわりの載せモノを配した実に端正なビジュアルです。 スープは枕崎産鰹節、安房産鯖節、九十九里産煮干し、羅臼産昆布をふんだんに使用し、豚骨と鶏ガラの動物系と合わせているそうです。

    魚出汁はグッと押しの強い旨味と風味を伝えますが、イヤなエグ味や生臭さは綺麗に抑え込まれています。 醤油ダレの主張も力強く、少しだけ酸味を残したキレの良い醤油テイストがバランス良く決まっています。

    kyube1100.jpg

    チャーシューは肩ロース肉でしょうか。 蕩けるようなタイプではなくて、むっちりとした肉々しい歯応えですが、硬さや筋っぽさはまるでありません。 きっと質の良い豚肉を使用されているんでしょうね♪ 

    kyube1101.jpg

    やや細目に揃えられるメンマは、しなやかさの中にもコリコリっとした食感を併せ持ちます。 味付けそのものに特徴こそありませんが、薄味なのでスープ中でも違和感を覚えないんですよね。 私的にこのタイプのメンマは好みです。

    味玉も黄身はねっとりと濃厚で、半熟加減がこれまた絶妙。 ラーメンの美味しさを盛り立ててくれる脇役達のクオリティも言うことなしです。

    kyube1102.jpg

    麺は3種類の小麦粉を独自ブレンドする自家製麺で、平打ちフォルムの太縮れ麺ってところが個性的(〃▽〃) 茹でる直前に手揉みされることで与えられる不規則な縮れ+捻じれが、ぶるぶるっと唇を震わせます。 オリジナルブレンドの粉の特徴なのか、それとも茹で時間によるものなのか分かりませんが、密度感が非常に高くガシっとした実に逞しい噛み応え。 これはちょっと食べ手を選ぶかもしれませんが、食べ応えアリの麺でした。

    いわゆる王道系の中華そばとは一線を画すオリジナリティに勝る一杯ですが、 “ 利府のラーメントライアングル ” のこだわりを存分に堪能させて頂きました。 またいつかリピートしてみたいと思いますヽ( ̄▽ ̄)ノ


    category: 宮城県

    Posted on 2015/07/16 Thu. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    らーめん かいじ 

    この日は久しぶりに家族4人揃っての外食ということでやってきたのは、仙台市泉の『らーめん かいじ』さんです。 車でちょっと移動すれば名うての人気店が揃い踏みするエリアですが、ちょうど目的地までの道すがらにあったことと、家族4人の空腹度合いが合致したので迷わず初訪することにしました。

    kaiji1010.jpg

    こちらは仙台市内に5つの店舗を経営される『麺屋 とがし』さんの2号店として、2010年にオープンされたお店とのこと。 実力店が凌ぎを削る激戦区仙台市において、これほどの系列展開されるってかなり凄いことですよね(; ・`д・´) 系列店それぞれに個性があるようですが、まずはその一角を攻略することにしましょう(大袈裟だなww)

    日曜日の夕飯時とあって店先にも順番待ちされるお客さんが多数おられます。 客層は明らかに若年層が多く、ファミリー客は少数ですね。 近隣の大学に通われる学生さんの人気が高いみたいで、とんでもない量のモヤシが盛られたラーメンが幾つも運ばれていきましたよ・・・(;゚Д゚)

    初訪の定石に倣って私がオーダーしたのは、こちらの定番メニューたるこの一杯です。


    かいじのらーめん 中盛り
    880円

    kaiji1020.jpg

    丼はやや小ぶりですが、こだわりの載せモノを満載した豪華なビジュアルですね。 麺量は150gの並盛りから250gの大盛りまで同一料金で、自分のオナカ具合に合わせて選択出来るサービスは嬉しいですよね。

    kaiji1021.jpg

    載せモノはチャーシュー、メンマ、2種類の海苔、刻みネギ、味玉もまるっと一個標準装備。 海苔は普通の海苔と岩海苔でしょうか。 豚骨ベースの濃厚スープに合いますね。 メンマはコリコリっと小気味良い歯応えで食感のアクセントになります。

    kaiji1022.jpg

    チャーシューはバラロールチャーシュー。 厚みもあって食べ応えがあり、その柔らかな美味しさは言うまでもありません(*‘ω‘ *) シャリシャリした瑞々しい食感で一服の清涼感を与えてくれる刻みネギも必須のアイテムです。

    kaiji1023.jpg

    自社名の入った麺箱から取り出される麺は自家製なのでしょうか。 中太のストレート麺で密度感の高いモチっとした弾力ある噛み応えで、ドロポタの豚骨スープをどっぷり持ち上げてくれます。 

    スープは豚骨をドロドロになるまで炊き上げ、節などの魚介系を加えた、いわゆる濃厚魚介豚骨系です。 非常に粘性が高く、そのままつけ麺用のつけ汁に誂えることも可能なくらいの超濃縮タイプですが、ニンニクや様々な調味料で味変を楽しんだり、ポットに入った鰹出汁の割りスープで希釈出来たり、食べ手にカスタマイズ出来る余地も残しているようです。
     
    一世を風靡したドロポタ系魚介豚骨も今では目新しい味でないかもしれませんが、コストパフォーマンスにも優れ、学生さんから愛されているのも大いに頷けました。 姉妹店と味比べしてみても面白そうですね♪


    category: 宮城県

    Posted on 2015/06/26 Fri. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    五福星 

    今月から新生活がスタートした長女の引越しで、荷物を運びがてら1年半ぶりになる『五福星』さんでランチしてきました(〃▽〃)

    今更ながらかもしれませんが、こちらではお客様が車を駐車するところから、既に接客が始まっています。 駐車スペースはわりと広い方だと思いますが、なにせ宮城を代表する超人気店ですから、大勢のファンが訪れ駐車場はほぼ満車状態が続きます。 誘導係として店員さんを常駐してくれるお陰で、切り返しや車庫入れなども楽に出来るばかりか、この時点でお客様の人数や順番を把握してくれていますから、店員さんがお声掛けしてくれるまで車内で待っているだけで良いんです(*・ω・)vアリガタイ 

    店内ならまだしも、お店の外にまで配慮して下さるお店ってそう多くはありませんよね。 美味しいラーメンを提供するだけではなく、お客様に気持ち良く食事を楽しんでもらう為の心遣いが見て取れます(`・ω・´)

    u-fu-shin0624.jpg

    気になる未食メニューが幾つも残されていますが、この日は20度を超えるポカポカ陽気だったせいか、さっぱりしたものが頂きたくこちらを注文しました。


    つけ麺 (大) 冷もり

    u-fu-shin0626.jpg

    看板メニューの肉そばと並ぶ人気のつけ麺です。 熱もりと冷もりがチョイス出来て、麺量は小250g、中300g、大350gまで同一料金。 プラス120円で500gの特盛りにも応需して頂けます。 

    お昼時を過ぎて空腹感もピークだったので悩むことなく大盛りコール♪( *´艸`)

    u-fu-shin0628.jpg

    麺は全粒粉に食用シルクを練り込んだ伝家の宝刀・自家製シルク麺。 麺そのものの美味しさも特筆レベルですが、刻み海苔やパルメザンチーズ、更には少量のタバスコも振り掛けられていますので、つけ汁に浸さずともこのままで充分に美味しさが楽しめちゃうんですね~♪

    u-fu-shin0627.jpg

    つけ汁は動物系と魚系のダブルスープをブレンドし、桜海老の香ばしい風味がアクセント。 こってり系に見えるかもしれませんがサラッとた仕立てで、和の趣きを感じさせる品の良さもあります。 角切りにされた豚バラ炙りチャーシューも沈んでいて、染み出る肉汁が更なる旨味の押上げを担います。  

    u-fu-shin0630.jpg

    冷水で絞められた麺は歯を押し返すような強靭な歯応えですが、熱々のつけ汁に潜らせるとしなやかさが増してモッチリとした食感へと変化します。 これに麺に絡んだチーズの旨味、海苔の風味、タバスコの辛味・酸味など、全てが予定調和が如くバランスする味わいは、まさしく唯一無二の美味しさ!

    u-fu-shin0629.jpg

    女将さんのご厚意で生ワカメをサービスして頂きました。 海水ごと送ってもらうという気仙沼産の生ワカメは、ほんのりとしたワカメの風味とシャキシャキっとした食感を楽しめます。 磯臭さなどは全くありませんので、つけ汁の味わいを損なうどころか、節香るつけ汁にも相性バッチリでしたヽ( ̄▽ ̄)ノ 

    〆には残ったつけ汁に白飯と割りスープを加えた “ スープ割り雑炊 ” のサービスがあります。 鰹とスルメから採った熱々の割りスープが加わることで、つけ汁の旨味や風味は再び活性化され、最後の最後までお楽しみは続きます( *´艸`)
     
    ちなみにこちらもお客さんが自ら作るのではなくて、お店の方がわざわざ作って下さいます。 接客やサービスの何たるかを心得ているからこそのホスピタリティに他なりません。

    u-fu-shin0625.jpg

    もちろん、週末限定の塾玉も頂きました。 半分はそのままで、もう半分はラスクと一緒に頬張れば、ラーメン屋さんのサイドメニューとは思えない至福の味わいが広がります。

    長女は食後にアイスクリームまでご馳走して頂き、至れり尽くせりの食事を楽しませて頂きました。 
    今後は娘に会いに行くことを大義名分として伺う機会も増えそうで、まさに一石二鳥ですΨ( ̄∀ ̄)Ψ


    category: 宮城県

    Posted on 2015/04/06 Mon. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    五福星 

    この日は、アート、音楽、食を通じて、塩竈の魅力を伝え、塩竈復興を支援するイベント『GAMA ROCK FES 2013』に参加するため、塩釜市みなと公園を訪れておりました。 

    様々なグルメが頂けるフードコートに、博多の豚骨ラーメン店『秀ちゃんラーメン』さんが昨年に引き続いてご出店されると伺いまして、同ブースの陣頭指揮を執られる重松裕志氏にお会いし、本場博多の豚骨ラーメンを所望すべく駆け付けた次第です。 

    重松氏が自ら作って下さった豚骨ラーメンは、言うまでもなくパーフェクトな美味さでした♪ 私がデジカメさえ忘れなければ、画像でその美味しさを紹介することも出来たのですが・・・orz

    先月初めにも陸前高田市の『うごく七夕まつり』でお会いしていますが、ことある度に遠く離れた九州から東北復興に継続的ご支援を賜っておりますことを心から感謝申し上げます。 いつかまた、どこかでお会い致しましょう。 

     

    さて、前置きが長くなってしまいましたが、そろそろ本題に入ります。

    イベント会場を後にし、今年5月の初訪以来になる仙台市泉区の『五福星』さんを目指しました。 

    u-fu-shin1239.jpg

    ご承知の方も多いことと思いますが、『五福星』さんは来月10日から開催される『大つけ麺博 日本一決定戦2』にご出店されます。 全国から投票で選りすぐられた猛者達が新宿歌舞伎町の特設会場に集結し、日本一美味しいつけ麺を競うというイベントで、こちらのお店は第三陣となる10月24~30日の日程で参戦されます。 

    期間中に会場に足を運べるかは未定ですが、『大つけ麺博』ご出店に肖って以前から狙っていたこちらをオーダーしました。



    つけ麺(小)
    899円

    u-fu-shin1242.jpg

    つけ麺は、大・350g、中・300g、小・250g、全て同一料金で提供されます。 本日は既に2杯目なことと、欲張ってサイドメニューも頼んでしまったので、慎み深く冷や盛りの小を頼みました( ̄▽ ̄i)ゞ

    u-fu-shin1243.jpg

    つけ汁は節系に豚骨出汁を合わせるダブルスープで、醤油ベースのサラッとした和風な仕立てを基本としています。 低温焙煎された桜エビの香ばしさもプラスされ、更に背脂のコクと旨味も重なり合って、複雑で立体的な味わいを構築していました。 

    u-fu-shin1245.jpg

    つけ汁の中にはブロックチャーシューが忍ばせてあります。 表面は炙ってあるのかカリッと香ばしく、噛み締めれば肉汁がジュワっと染み出してきます。  

    u-fu-shin1244.jpg

    麺の方にもかなり凝った仕掛けがされていました。 全粒粉に食用シルクを練り込んだ多加水の太縮れ麺には大量の刻み海苔以外にも、パルメザンチーズとタバスコが塗されています。 つけ汁に漬けずにそのまま頂いてみたところ、つけ麺なのにつけ汁が無くても成立してしまうほどの美味しさにびっくりw( ̄▽ ̄;)w

    麺肌はまさしくシルキーそのもので、外側は優しい歯触りなのに、麺芯に行くつれてコシのある食感に変化します。 噛み切る瞬間には「ぷちん」という歯切れの心地良さまで楽しめてしまうという、親方のこだわりがひしひしと伝わってくるような素晴らしい出来映えの自家製麺でした。 

    u-fu-shin1246.jpg

    先述したつけ汁の複雑な旨味に、麺に塗されたチーズの濃厚さ、タバスコの辛味と酸味、海苔の香りが加わりますと、味わいはより奥深いものへと変貌を遂げます。 これだけ沢山のアイテムをブレンドしながら、カオス的な美味しさでなく、収まるべきところにきちんとピースが埋まっていくような精密な味重ねに瞠目させられました。

    最後の〆は、鰹とするめで出汁を取った割りスープをつけ汁に加え白飯に掛けて頂く ” スープ割りおじや ” でフィニッシュ。 お腹いっぱいで一人前は食べ切れないだろうと極小盛りライスにしてもらったのに、あまりの美味しさにお代わりを欲したくなったという・・・( ̄▽ ̄i)ゞ



    餃子・赤
    210円

    u-fu-shin1247.jpg

    欲張って頼んだ餃子です(笑) 餃子の上には酸味を感じるピリ辛のソースと節粉が振ってあり、ニラやニンニクを使用していなくともその美味しさは特筆レベル。 かなり大ぶりなうえに、みっちりと餡が詰まっていますから、食べ応えでも満足頂けるでしょう。

    u-fu-shin1240.jpg

    このようなつけ麺があったのかと、その完成度の高さに目から鱗が落ちる思いでしたが、『大つけ博』ではこの品が更に進化して化けると仰られます∑( ̄ロ ̄|||) どのような秘策を繰り出されるのか興味は尽きないところですが、お時間の許される方は歌舞伎町のイベント会場へ足を向けてみて下さい。 


    同イベントのご健闘をお祈りしています。


    category: 宮城県

    Posted on 2013/09/28 Sat. 21:33  edit  |  tb: 0   cm: 0